ここから本文です

「人に人は裁けない」って本当ですか?

nen********さん

2009/12/813:18:59

「人に人は裁けない」って本当ですか?

閲覧数:
1,421
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kok********さん

2009/12/1517:39:46

回答:いいえ。一定の条件で人が人を裁けます。その条件とは、①動機、②証拠、③資格です。それは英米法・大陸法の根拠とされる聖書が「正当な裁きをしなさい」という当然の真理を教えているからです。

解説:
イエスは「さばいてはいけません。さばかれないためです」(マタイ7:1)と言われました。また「うわべによって人を裁かないで、正しいさばきをしなさい」(ヨハネ7:24)とも言われました。一見矛盾する言葉を言われたように見えますが、これは「不当なさばきをしてはいけません」。言い換えれば「正当なさばきをしなさい」という当然の真理を教えています。

■杉原千畝の場合:
2005年10月12日火曜日夜9時から日本テレビ系列で終戦60年記念特別番組「杉原千畝物語」がテレビ放映されました。杉原千畝は日本のシンドラーと称される元外交官です。岐阜県八百津町の出身で、ユダヤ人たちにとって「良きサマリヤ人」となりました。ナチスの虐殺を逃れリトアニアの日本領事館にやってきたポーランド系ユダヤ難民約6,000人に「いのちのビザ」を書きました。日本政府は認めませんでしたが、政府の指示に背き日本通過ビザを発給、しかも無資格の人にも無制限に発給しました。その結果、戦後外務省から追放されました。当時の日本にも「良きサマリヤ人法」が知れ渡っていたら・・と私は残念に思います。

杉原千畝に対するさばきが正当なものだったかどうか、聖書に基づき「正当なさばき」をしてみましょう。

①動機をさばくこと:「やみの中に隠れた事」、「心の中のはかりごと」等、その人の言葉や行動となって外部に現れていない「動機」について、勝手な詮索や憶測また想像をして「先走ったさばき」をしてはなりません(1コリント4:5)。→外務省は杉原の動機を確認せずにさばきました。自分たちの心の中のシャドーを杉原に投影し「杉原は金のためにやった」と決めつけました。

②証拠がないのにさばくこと:私たちは、人の言葉や行動となって外側に現れたものについても、直接相手の言い分や弁明を聞いて、確かな証拠がなければさばいてはなりません(申命記19:15-21)。→ 外務省は杉原の弁明を聞かずにさばきました。

③資格がないのにさばくこと(クリーン・ハンドの原則): 私たちは証拠がある罪の事実でも、自らがそれよりも大きな罪を犯していて、その人を責める資格がなければさばいてはなりません(マタイ7:3~5)。→ 外務省は、人命軽視の大罪を犯していて、いのちを救う者を責める資格がなかったのに杉原をさばきました。
----
人間関係は、互いに不当なさばきをするために難しくなるのです。聖書は不当なさばきについて、動機・証拠・資格の3つの条件から戒めています。外務省は、
①動機:金のためにやったと決めつけ、杉原の崇高な動機を確認せずにさばきました。
②証拠:杉原の弁明を聞かずにさばきました。
③資格:自分たちは「人命軽視」の大罪を犯していながら、命を助けた者、杉原をさばきました。

■杉浦千畝の誠実:
①杉原は、神の国と正義とを第一にされたのです。「私を頼ってくる人々を見捨てるわけにはいかない。でなければ私は神に背く」とご本人が言われた発言が確かな証拠です。

②杉原は、クリスチャンであり「良きサマリヤ人の喩え」(ルカ10章)にある瀕死のユダヤ人を助けさせるために生まれカウナスに派遣されたという神の使命感を持っていました。千畝が外務省を首になった後、ご夫婦は、ご三男の病死の中に神の使命感を再確認されまして。だから、その後の五十年の苦しみにも耐えられました。

③杉原は、聖書の神は「あわれみは好むが、いけにえは好まない」(マタイ9:13、12:7)とはどういう意味か知っておられました。だから、1985年に日本で再会したシムキン氏から「日本領事館印をゴム印で偽造してビザを作った」と聞いても、「偽造をとがめず」、逆に「救われたが気持ち」がしたのです。

◎私の教会では毎年1回『諸国民の正義』と題して、人が人を裁く時に確認すべき3条件を確認しています。キリスト者は兎角パリサイ人となりがちで、原告適格もないのに、人を裁く大罪を戒めるためです。中世の魔女狩りは嫌ですからね。

※これは私の教会の礼拝説教のメモから書きました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xee********さん

2009/12/1000:25:39

簡単に考えても冤罪があるのだから
人が裁いても良いのか?って疑問は残るよね

でも世界各国、人が人を裁いている
人が人を裁いていない国あるのか?

結果を言えば
『人に人は裁けないが、人しか裁く存在がいない』ってことだ
ゾウさんが裁く・・・そんなの嫌だよね

『人に人は裁けない』から『人は裁いてはいけない』ではなく
『人しか裁く存在がいない』から『人は裁くしかない』じゃないかな

nak********さん

2009/12/922:09:13

新約聖書より『人を裁くことなかれ。しからば汝らも裁かれざらん』とありますが、この事は人に与えたものが自分に帰って来るという、宇宙の法則の一面です。つまり原因からなる結果と申せましょう。もう一つの法則で「動、反動の法則」とも言われるものですね。つまり人を慈しむ人は同じものが帰って来る、またそういった環境にいずれ転生するという法則も存在します。「剣を持つものは

剣に滅ぶ」これ等も同様な法則と言えます。地球上の戦争の歴史を考えると判るでしょう。ですから人間が本来人を裁くのは間違っているのですが、地球上では精神レベルが低いので仕方がありませんね。人を裁くのは宇宙の法則と原理や創造主でしょう。
以下に関連サイトのURLを入れておきます。

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法

やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)

との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や

金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻

型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

not********さん

2009/12/901:14:59

人間は時には間違った判断をしてしまう、コトがあるから「人に人は裁けない」と言っているのでしょうか、、。
それとも、人間以外に人を裁くモノが在る、または、いてもおかしくはない、とでも言うのでしょうか、、。
人間を裁くのは、ルールでもなく、書でもなく、法でもなく、ましてや神が現れることでもありません。
今のところ、人間を裁けるのは、未熟ではあるが故マチガイをおかす人間、愚かである人間、それらを良く解っている、その人間と言う「良心」が人間を裁くのです、、、。

ban********さん

2009/12/823:56:22

「人にしか人は裁けない」と、そう考えています。
別に刑罰に限らず、様々な局面で人は対立し、争いが生じます。
そうした中で当事者以外の第三者に判断を委ねる制度を作り出したのは、人間の叡智の現われの一つだと思うのです。

「裁き」という言葉は、ともすれば、「別の偉い方の命令」であるかのように誤解を受けやすい言葉ですが、それは、もつれた糸を解きほぐし、本来の姿へと戻す行為を意味する言葉だと認識しています。

そして、その行為を成し得るのは、この世に唯一、同じ仲間である「人間」でしかありえないと思うのです。

pan********さん

2009/12/822:23:45

「裁けない」というより「裁く資格がない」と僕は思っています。

罪を犯した人間を裁く人間は心の清い人間でないといけません。でないと裁く資格がないからです。
しかし、心が完全に清い人間なんて存在しません。
なので、僕は人間が人間を裁く資格はないと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる