ここから本文です

2003年の熱波の年はワインの当たり年だったのですか。

rit********さん

2009/12/1000:58:26

2003年の熱波の年はワインの当たり年だったのですか。

欧州が熱波に襲われた2003年は、ワインの当たり年だったのですか。
雨が少なく、ブドウに甘みがのった?

閲覧数:
712
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pau********さん

2009/12/1002:01:53

当たり年といえるかどうかは、意見が分かれるところです。

確かに、非常な高温によって、ブドウがよく熟しました。しかし、熟しすぎる危険性も十分ありました。
ワインの造り手にとっては、ブドウの過熟との戦いで、いかに太陽の光をさえぎるか、ブドウが熟しすぎるまでに摘み取るか、など色々腐心し、ワイン造りがかなり難しかったようです。

また、この年のブドウは、糖度が十分に上がった半面、酸に乏しいという傾向がありました。
ブドウにとっての酸は、ワインを長持ちさせ、また糖とのバランスをとるための重要な要素になりますので、いいワイン造りには欠かせないものなのですが、夜の温度も高かったため、酸が弱くなってしまいました。
(夜の温度が冷えると、ブドウの酸がよく残ります)

その結果、フランスのワインでも、ニューワールドのワインによくあるような、華やかな香りの一方で酸に乏しいものになってしまいました。

早飲みタイプのワインとしては非常にいいのでしょうが、ボルドーの一級ワインであってもはたしてどれだけ長期間、熟成にたえるか、わかりません。専門家の多くは、長期熟成に関しては否定的意見が多いです。

ただ最近、2003年物のボルドーなどのワインをいくつか飲みましたが、ニューワールド的な華やかさには変わりはないものの、酸を以前よりも感じるものが多かったです。
長期熟成に適したものだったかどうか、これは時間の経過を待つしかないでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる