ここから本文です

有名なガルブレイスの言葉に、「貧乏な国では人民が安楽に暮らしているが、豊かな...

mom********さん

2009/12/1012:40:00

有名なガルブレイスの言葉に、「貧乏な国では人民が安楽に暮らしているが、豊かな国では人民は概して貧困である」というのがありますが、これはどういうことを言っている言葉なのでしょうか。

閲覧数:
304
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kok********さん

2009/12/1012:58:58

>貧乏な国では人民が安楽に暮らしているが=
国家の貧困は経済の量や質が低いため人民は物欲を持たずひたすら信仰心をもって自らを磨いている=安楽

>豊かな国では人民は概して貧困である=
物欲に駆り立てられ自身の欲望に終始して心身が貧しい人民となることが多い

質問した人からのコメント

2009/12/11 06:17:34

回答を寄せていただきありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kuv********さん

2009/12/1012:59:38

はーい先生直感で回答します!
国が豊かなのと人民が豊かなとでは同義ではないからです。

すなわち豊かな国はその富を人民に分け与えず重税だからこそ豊かな「国」
なのです。

貧乏な国はその富みを人民に分け与え、税金も安いから「国としては貧乏」になるわけです。

2009/12/1012:51:10

“心の豊かさ”のことかなぁと思います。

でも、思い込み・勘違いもあると思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる