ここから本文です

死にたくないです。死ぬのが怖いです数年前から死を考えるとパニックになります。...

run********さん

2009/12/1302:52:41

死にたくないです。死ぬのが怖いです数年前から死を考えるとパニックになります。最近祖父が亡くなり無だとわかりました。
死んだら地球の一部の土や空気になるだけです。
私がいいんです、私のままずっと死にたくない・・
消えたくない。
今考えてる事、大切な人、私が消える瞬間、いつか死ぬ無(命がなくなる事)を考えるとパニックになり震えがし心臓がバクバクなります。
霊感がある人は死が怖くないのですか?
霊も死後も生まれ変わりもないですよね。
人間で私でいたい。
嫌だ嫌だ・・
人は皆孤独で恐怖なはずです。
生き地獄です。
飼ってる犬もこんなに幸せそうなのにずっと幸せでいてほしいのに死んでしまう。
綺麗な景色、楽しいひととき、ふとした瞬間死がうかび死が嫌でパニックになります。
何故死なないといけないのか。
人の心や歴史に刻まれても意味がない。
意識がなくなりたくない。
死にたくない。今二十歳であと60年くらいしか生きれないのが苦しい。
彼や家族が死ぬのは無理です。
幸せも笑顔も声も思い出も愛も消える。

閲覧数:
9,843
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rov********さん

2009/12/1303:21:29

誰しも‘死’というものは恐怖の対象だと思います。生を授かったその日から死のカウントダウンは始まっています。有限の存在だからこそ、みんな一生懸命生きてるんじゃないですかね。
限りある存在だからこそ自分の子孫を残そうとするんだと思います。そうして命のバトンを繋ぎながら生きていくわけです。
悔いのないように精一杯生きて、次の世代に繋いでいくって考えたらそれはそれで大事な使命ですよね。
逆に私は終わりのない命の方が怖いように思えます。
限りあるからこそ、命は尊いのではないでしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「死ぬのが怖い」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lal********さん

2009/12/2001:33:32

私も同じことを考えてます。怖いです。怖くて怖くて仕方がないです。普段はそんな事考えてなくても、ふとした瞬間に思い巡ります。
死にたくない。
ずうっと自分のままでいたい、離れたくない。
何もなくなってしまうのか、心も消えてしまうのか。考えてしまいます。
考えても答えなんてわかるはずないのに、おかしいですよね。
ありきたりですが、最終的には「人間はいつか必ず死ぬのだからそれまでを大切生きなきゃ」という結論に落ち着きます。

jur********さん

2009/12/1922:29:10

あたし。。。

死にたいって毎日思ってただけど

やっぱり生きたい。

生き続けたい。

死にたくない。

私もパニック障害で

でも生きたいひたすら生きたい。

wdy********さん

2009/12/1414:24:02

パニック障害ではないですか?神経内科をおすすめします。

アバター

ID非公開さん

編集あり2009/12/1323:09:57

ごめんなさい。全面的に書き直します。不親切すぎましたよね。
対応法は2つになるかな、と。

1つは、「やっぱり死なないこともありえる」、「死なないもの、残るもの、あるいは死んでからの別世界がある」と信じることです。
魂、神、真我、如来、阿弥陀さま・・・と大昔から、みんなそうしてきました。
それぐらい大掛かりなものでなくても、漠然と「私は大丈夫」と思っている人も一杯ですよね。
ただ、これ基本的には信じる、頭で考えるのをやめる、人の言うことを全面的に正しいとするという態度が必要で、本当に不自由なんですよね。詐欺っぽいのも一杯あるし。
ただ、だめだとはいいせんよ。あなたが納得できるなら。

私はどうしても、それができないので、
二つ目の対応の「認める」という態度でいます。
どうしようもないです。ほんとうにどうしようもないです。
ただね、どうしようもないことって、「死」だけではないですよね。
明日の天気ひとつだって、どうしようもないです。
どれほど、自分が晴れてくれと祈ったり、晴れるはずだと信じたところで、全く関係なく雨降りますよ。
で、子供でも、「なぜ、私が望んだのに雨が降るのだ、ありえない、なせ、なぜ、台無しだ、どうしてくれるのだ・・・」と大騒ぎするのっていませんよね。
「ああ、雨か」で、傘をさしてできるだけ濡れないようにする、他の行き場所を考えたりと、それに応じて現実的にできることをやるって、それだけ。
ああ、私も彼も犬もとなりおじさんも、大嫌いな上司も死ぬんだなと、落ち着いて受け入れたら、やっぱりその条件で、できることって一杯あるんじゃないでしょうか。
一緒にいれる時間はものすごく大事な物として扱えますよ。
「永遠に生きられる。だから、なんどもチャンスがあるんだ」という態度が、今の幸福を邪魔してるんじゃないですか。人に意地悪したり、怒ったり。
そんな心残りをつくらないように毎日を生きられれば、人間の一生ってそんなに短いものじゃないと思っています。
「いま、幸せになる(将来、天国ではなく)」という考えの大切さは、死を認めるところから始まるじゃないでしょうか。

grk********さん

2009/12/1315:57:29

死によって、本当にすべてが奪われてしまうのでしょうか?
私も同じように「死にたくない、このままの私でいたい」と思ったことがあります
同時に「この人に死んでほしくない、ずっと一緒にいたい」とも思います
しかし、死は必ずやって来るもので、人は死ぬために生きているともいえます
死後の世界、なんて言ったらきっと馬鹿にされるでしょう
生まれ変わる、なんていうのも幻想だと嗤われるでしょう
しかし死んだ後の人間の意識がどこに行くのかなんて、誰も知りません
批判してる人たちも、信じている人たちも、何の根拠もありません
だから私は信じていようと思います、この心臓が止まって「死」が訪れたとしても
きっと私は私でいられるし、大切な人と離れることもない、と
永遠なんてものを想像すると、とても恐ろしいです
でもきっと、そんな言葉では表現できないような、生きてる私たちには分からないような
穏やかで、優しい何かが待っている、そう信じて生きていたいと思います
死ぬために生きていくのかもしれませんが、同時に、幸せになるために生まれてきたんだと思います

小さい頃母に言われました、「信じている人の心の中だけに、サンタさんはいるんだよ」と
ただ心の中で、そっと信じていること、それだけで心が安らぎます
だから私は、ただ静かに「私がずっと私でいられること」を信じています。

長文・乱文失礼しました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる