ここから本文です

ファクタリングについて教えてください。 自社がファクタリング事業に参入する...

juy********さん

2009/12/1419:57:24

ファクタリングについて教えてください。

自社がファクタリング事業に参入する際には、金融商品取扱法等の法律の規制はあるのでしょうか?

追記:

一般的なファクタリング企業の様な外向けの事業では無く、あくまでグループ子会社の売掛債権を親会社が代行するといったモデルを想定しているのですが。。。
ファクタリングそのものが色々な側面から見る事が出来るので、金融商品に当たるのか?等々調べていたらわからなくなってしまいました。

ファクタリングに詳しい方、是非ご教授頂けますでしょうか?

閲覧数:
6,552
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jbe********さん

2009/12/1517:28:39

日本でファクタリングを行うためには「貸金業法」の規制を受ける叉は、接触するケースが多々ありますのでファクタリング業を営むためには、貸金業登録を受けなければなりません。

貸金業規制法では、
①金銭の貸付または金銭の貸借の媒介を業として営もうとする者。
②手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によって金銭の交付または当該方法によって金銭の授受の媒介を業として営もうとする者を、貸金業登録が必要な者と定めています。

業務形態によりますが、リース業、コンサルティング業、ファクタリング業、不動産業などを営む場合であっても、貸金業登録が必要とされることが多々あります。

主な手続きの流れは、
①申請書の記入・添付書類の収集。
②書類一式を各都道府県の貸金業協会へ提出。
③各所管行政庁にて審査(審査期間は約2ヶ月といわれています)。
④登録が決定したら、登録済通知書を交付。
とざっとこのような感じになります。

日本でファクタリングを行うためには、貸金業登録を受けなければならない理由は。
手形のファクタリングです。
反復継続して手形を買い取る行為が、貸金業に該当するかという点と、この行為が弁護士法第73条に違反しないかという点です。

まず、手形のファクタリングが貸金業に該当するか否かという点ですが、貸金業法(昭和58年法律第32号)第2条(定義)第1項は、
「この法律において「貸金業」とは、金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつてする金銭の交付又は当該方法によつてする金銭の授受の媒介を含む。以下これらを総称して単に「貸付け」という。)で業として行うものをいう。ただし、次に掲げるものを除く。(略)」
と定めています。
このことから、業として手形の割引を行うこと、すなわち、反復継続して手形の割引を行うことは、「貸金業」に該当するものと考えられています。

叉、手形のファクタリングが弁護士法第73条に違反しないかという点があります。
、弁護士法(昭和24年法律第205号)第73条(譲り受けた権利の実行を業とすることの禁止)は、
「何人も、他人の権利を譲り受けて、訴訟、調停、和解その他の手段によつて、その権利の実行をすることを業とすることができない。」
と定めています。
ここでいう「権利の実行」は、単に譲り受けた債権の弁済を受けることを含まず、まさに「訴訟、調停、和解その他の手段によって」がこれに該当すると考えられています。

日本の商習慣ですと手形によるファクタリングが多くを占めるものと思われます。
貸金業法違反などにならないよう貸金業登録をおすすめします。

質問した人からのコメント

2009/12/16 10:28:51

降参 丁寧なご回答ありがとうございます。
勉強になりました。そして、、助かりました!

貸金業登録ですね!
もし本格的にファクタリング事業に参入する際には登録ありきで検討したいと思います。

本当にありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる