ここから本文です

遺失物の権利について質問です。切符やなま物など、数カ月持たない物は誰の物にな...

ss3********さん

2010/1/612:17:45

遺失物の権利について質問です。切符やなま物など、数カ月持たない物は誰の物になりますか?

遺失物として電車の切符を拾得し、それを届けました。
最終的に落とし主が現れなかった場合、その切符はどうなるのでしょうか?

遺失物は、数カ月で届けた人の物になった思うのですが、
通常、電車の切符は有効期限が有りますよね?
有効期限が過ぎたら紙くずだと思うのですが…

あと、果物や魚貝類など、なま物の場合はどうなるのでしょう?
気になってしまいましたので、誰かご存じの方は教えて下さい。

閲覧数:
1,261
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

s_l********さん

2010/1/614:20:23

昨年の終わり頃に改正されました。
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200710/2.html
ガイドラインを読んでおくと良いでしょう。

その上で、遺失物法を読んでみましょう。
---以下引用
第九条 警察署長は、提出を受けた物件が滅失し、若しくは毀(き)損するおそれがあるとき又はその保管に過大な費用若しくは手数を要するときは、政令で定めるところにより、これを売却することができる。ただし、第三十五条各号に掲げる物のいずれかに該当する物件については、この限りでない。
2 警察署長は、前項の規定によるほか、提出を受けた物件(埋蔵物及び第三十五条各号に掲げる物のいずれかに該当する物件を除く。)が次の各号に掲げる物のいずれかに該当する場合において、公告の日から二週間以内にその遺失者が判明しないときは、政令で定めるところにより、これを売却することができる。
一 傘、衣類、自転車その他の日常生活の用に供され、かつ、広く販売されている物であって政令で定めるもの
二 その保管に不相当な費用又は手数を要するものとして政令で定める物
3 前二項の規定による売却(以下この条及び次条において単に「売却」という。)に要した費用は、売却による代金から支弁する。
4 売却をしたときは、物件の保管、返還及び帰属については、売却による代金から売却に要した費用を控除した残額を当該物件とみなす。
---引用終わり

乗車券類は、当該届け出期間内(3ヶ月あるいは2週間)に無効となる場合、警察署長(あるいは特定施設の長)が売却を行うことが出来、その売却益(売却によって得る金員-売却にかかった経費(手数料など))を遺失物と見なす決まりがありますので、これを適用できるでしょう。特に1万円以下のものはすぐに適用できます(政令)。
ただし、個人情報が記載されている定期券・記名タイプのICカード乗車券などは、個人情報関連規定により本人のものとならない場合があります。

「なまもの」は、この規定で守られないため、基本的に腐ると思った場合は、権利放棄をした方が良いでしょう。

質問した人からのコメント

2010/1/10 18:03:45

ご回答有難うございました。私も数ヶ月前にJR某社にそれなりの金額の切符を届けた事が有るのですが、権利放棄するか、3ヶ月経過後に期限切れの切符(無価値)を受領するか二者択一でした。それ以来、JRを信用してませんが、s_liner様のご回答を拝読し、JRをますます信用できなくなりました。貴重なお話、有難うございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる