ここから本文です

確定申告 副業の経費等について

tm7********さん

2010/1/615:42:50

確定申告 副業の経費等について

今年から本業とは別に副業をしており、200万弱の収入がありました。
確定申告の準備をしておりまして、国税庁のHPから申告書Aをダウンロードして入力を始めているのですが、以下の質問をさせてください。

①申告額はあらかじめ必要経費引いた金額を記入し、必要経費は別途帳簿などを添付すればよろしいのでしょうか?
経費の記入欄が見当たらないので、行き詰っております。。。

②本業の収入も合算して申告するのかと思いますが、こちらは所得税は支払っております。
税金を引く前の金額で加算し、本業の源泉徴収票を添付すればよろしいのでしょうか?

③収入金額等と所得金額はどうゆう区別なのでしょうか?
本業は所得金額になるのでしょうか?

初めてなもので、いろいろ戸惑っております。
大変恐縮ですが、皆さんのお力をお借りできれば大変幸いです。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
2,765
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

piy********さん

編集あり2010/1/617:12:56

>>申告書Aをダウンロードして
ご質問者様の場合、申告書Bを使用します。

①副業ということなので雑所得の可能性もあるのですが、一般的な事業所得ということでご説明します。
白色申告であれば「収支内訳書(一般用)」、青色申告であれば「所得税青色申告決算書(一般用)」を作成します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokus...
↑こちらからDLしてください。こちらに収入額や必要経費を科目別(使った内容ごと)に記載し『所得金額(収入-経費)』を算出します。そして申告書Bに、収入金額等の事業(営業等)欄に収入金額を、所得金額の事業(営業等)欄に所得金額を記載します。
本業についても同様に、源泉徴収票の支払金額を収入金額等の給与欄に、給与所得控除後の金額を所得金額の給与欄に記載します。
あとは所得控除を記載して、課税所得を計算し税額を算出するだけです。

②本業の記載方法は上述の通りです。
>>こちらは所得税は支払っております。
この金額(源泉徴収票の源泉徴収税額)は、申告書Bの税金の計算の源泉徴収税額欄に記載してください(算出税額から差し引く事ができます)。そして源泉徴収票を添付してください。

③簡単にいえば、収入金額とは「事業などで得た金額(売上)」で所得金額とは「収入から経費を引いた金額」です。本業の場合、源泉徴収票の給与支払額(いわゆる総支給額)が収入で給与所得控除後の金額が所得です。

なお手書きで作られるより、
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
↑こちらで作成した方が簡単に作れると思いますよ(^^)/

質問した人からのコメント

2010/1/12 23:56:02

お二人ともどうもありがとうございました!!
大変参考になりました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sou********さん

2010/1/616:50:16

>確定申告の準備をしておりまして、国税庁のHPから申告書Aをダウンロードして入力を始めているのですが、以下の質問をさせてください。
副業を事業所得で申告するのであれば、申告書はBを使います。
さらに、収支内訳書もダウンロードしてください。

①の回答
経費の内訳などは、周知内訳書に記載します。
その最終結果を申告書Bに記載します。
帳簿は、税務署から提示を求められた場合に提示すればいいです。
申告時に持参しておけば良いでしょう。

②の回答
所得の種類が違いますので、それぞれの欄に記入します。
「給与所得」と「事業所得」
源泉徴収票の添付は義務となってます。

③の回答
収入金額-経費=所得金額
です。
本業は、給与収入であり、給与所得です。


副業を雑所得で申告するのであれば、申告書はAでOKですが、経費は記入する欄はありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる