ここから本文です

自分の会社で事業として会社設立代行業を行う場合で自分の会社は窓口として受付を...

cor********さん

2010/1/615:52:23

自分の会社で事業として会社設立代行業を行う場合で自分の会社は窓口として受付を行い、法務局への登記申請は友人の司法書士に登記申請を依頼する(お願いする)場合、違法性は(何か問題は)あるのでしょうか。

閲覧数:
252
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

my_********さん

2010/1/618:37:02

司法書士業務は司法書士の独占的業務です。(司法書士法73条及び78条)
なので、「自分の会社で事業として会社設立代行業をおこなうこと」自体が、同法に抵触します。
登記申請等に関わる手続きを代理できるのは司法書士及び上級資格(弁護士)だけなので、「代行」を会社の営業目的にすることは、司法書士法人でない限り、出来ません。
よって、一般的な場合、「会社設立に関するコンサルテーションの提供」などという名目を使います。
その後、実際に登記する場合には。貴社ではなく、当該友人の司法書士と依頼人の間で登記代行契約を締結することになります。
定款作成や議事録作成のアドバイスを行うことで対価を得るのであれば、当該定款等は依頼人自らが登記に持ち込むものなので、同法には抵触しません。
また、弁護士法人と同様に司法書士法人においても、上記の業務を司法書士でないものから斡旋をうけることは、各司法書士会規則によって禁止されています。
よって、少なくとも窓口として貴社が機能し、それが「斡旋」に該当するのであれば、当該業務は友人の司法書士の懲戒にも該当します。(単純な「紹介」であれば問題ありませんが。)

以上ご参考まで。

質問した人からのコメント

2010/1/13 15:55:06

笑う 的確な回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kii********さん

2010/1/616:06:06

問題はありません。
立場的に窓口業務と司法書士への取次ぎを
行うのであればOKです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる