ここから本文です

日本史の教科書に肖像画がありますが、たとえば坂本竜馬は実写真なんでわかります...

xnb********さん

2010/1/1106:06:32

日本史の教科書に肖像画がありますが、たとえば坂本竜馬は実写真なんでわかりますが、奈良時代、平安時代の肖像画は何を根拠にして書いたのでしょうか?

その当時は紙は貴重品で、後世の人間が書いたと思います。安徳天皇がマリで遊んでいる肖像画をみて思いました。
たんなる後世の人が文献などをもとに想像図なのでしょうか?

閲覧数:
938
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

siz********さん

2010/1/1107:42:06

想像図の場合もあります。モデルを見て実際に書かれたものもあります。

天皇をはじめとする皇族や名のある武将、公家などであれば実際にその人をみて書いたものも沢山あります。紙は貴重品です。つまり肖像画を残せるのはその貴重品である紙を自由に使えるだけの権力や財力があるということです。自分自身や自分の愛する家族の姿を後生に残そうと書かせることはよくあることです。それが長い年月を経て、文字が薄れたり、他の文献が焼失したりして誰のモノかわからなくなったりすることはありますが、だからといってそういう肖像画がすべて想像で書いたモノではありません。

質問した人からのコメント

2010/1/12 01:33:15

成功 丁寧なご説明ありがとうございます。すっきりしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

caq********さん

2010/1/1201:17:24

大体が、予想ですが れっきとした物もあります。

あと、有名な源 頼朝の肖像画などがそうですが、「伝」とついているものは、大方別人の絵です。

栗原さん

2010/1/1111:16:06

教科書に載ってる肖像画などは神社仏閣に奉納されていたものを後付けでこの人ではないかという
想像のみで載せてる場合が殆どで作者不明のものが多いです。
足利尊氏などがいい例ですが馬にまたがり髪を振り乱した髭の武士みたいな絵は最近別人と確定されましたが
民間伝承などを鵜呑みにしたものが多く信憑性を疑うものも多いです。

jun********さん

2010/1/1108:44:59

奈良、平安のころは、むろん写真などはありませんので、「子供、男、皇族……」等々の条件を念頭に、多少風俗考証などを加味した上で、あとは純然たる描き手の「想像力」ひとつで描いたことでしょう。
ご推察のとおりかと考えます。

bir********さん

2010/1/1107:49:55

いろいろ、です。
写真がある現代でも似顔絵を描くことがありますが
写真がない時代も、人の絵は、対象ソックリに描く絵と
特徴を強調するか全く似せないで描くデフォルメの絵
もしくはソックリに描いたらヤバイので似せなくて描く絵に
分類されました。
犯罪をして逃げている人を捕まえるために手配立て札に
描く絵は探している人の顔に似せて描かないと無意味
なので似て描きます。
似せたらヤバイ絵は、たとえば、権力者がいて
その権力者が天性、顔が正視に耐えられないほど
笑える顔だった場合、絵師が権力者に肖像画を
依頼されたらリアルに描いたら絵師は命の危険すら
あるため多分、美化して描きます。

ahe********さん

2010/1/1106:20:16

はい、そうです。
教科書の肖像画は何回か名前が変わり最後には何処かの武将何て名無しに成ったり仕手います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる