ここから本文です

鎌倉初期の京都守護と京都大番役の違いを教えてください。 よろしくお願いしま...

mwm********さん

2010/1/1218:08:29

鎌倉初期の京都守護と京都大番役の違いを教えてください。

よろしくお願いします。

閲覧数:
6,917
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/1/1913:44:42

大番役とは鎌倉幕府の御家人の義務の一つで地方の武士に京の警護を命じたものです。
交代制で洛中の警護が任務で警察と防衛軍を足したような存在です。
命じられた豪族には負担だったでしょうが、官位を得るチャンスでもあったようです。
京都守護は大番役の上司にあたり、朝廷と幕府の交渉や連絡などの目的で設置された要職です。
外交官と警察庁長官と軍事司令官を足したような感じです、重要な役ですので一族や有力御家人・公家などが配置されたようです。
大番役赴任が遅れたりすると督促なんかも仕事だったようで、承久の乱の後に六波羅探題が設置されたことで消滅しました。

質問した人からのコメント

2010/1/19 15:06:58

降参 詳しい説明ありがとうございます!

大番役の上司的な存在だったなんて意外でした!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる