ここから本文です

病理学的所見とは、どのようなことをいうのでしょうか? 大腸がんの病理学的所見...

map********さん

2010/1/1918:38:21

病理学的所見とは、どのようなことをいうのでしょうか?
大腸がんの病理学的所見を例にお願いします。

補足解答をみる限り、
病理学的にみる=組織学的にみるという解釈で良いのでしょうか・・・?

閲覧数:
16,275
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/1/2004:20:49

人体の医学所見は臨床所見と病理所見にわかれます。
臨床所見は「生きている体を観察した所見」で、内視鏡
画像診断、手術所見などが含まれます。
大腸癌の場合、
「肛門から25cmの位置にⅡ型病変がある」(内視鏡)
「注腸造影でApple core像が見られる」(画像)
「大腸の外膜に腫瘍が露出していた」(手術)
などです。
病理所見は生体から採取した病理検体の所見で、検体
(材料)は手術で取った臓器の事も、臓器の一部を検査
目的で取ったもの(生検検体)の事もあります。
病理所見は肉眼的病理所見と組織学的病理所見があり
ます。肉眼的病理所見は手術検体を肉眼的に診て記載
されます。組織学的所見は手術検体を顕微鏡用の標本
になる大きさにトリミングし、そこから作ったプレパラートを顕
微鏡で見て記載します。
大腸癌の場合、「切除断端から腫瘍までの肉眼的距離が
5cm」「腸壁への肉眼的深達度は5mm」(肉眼的所見)
「切除断端に腫瘍の露出なし」「大腸の外膜から腫瘍まで
の距離は0.1mm」(組織学的所見)といった具合です。
腫瘍の深さ、切除安全域などについては最終的に肉眼所
見と組織学的所見の両方を記載します。

ですから、病理所見=組織学的所見+肉眼的所見であって、
特に手術検体の場合、肉眼所見が非常に重要です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

be_********さん

2010/1/2100:07:28

おっしゃる通り、組織学的にみるんですが、正常組織と比べてどこが異常か、ということまでみるんです。

大腸腺癌であれば、例えば、細胞核の大小不同や異型核分裂像があるとか、境界不明瞭な浸潤増殖がみられるとか、腺腔の形態、分泌細胞の数などで正常か良性腫瘍か悪性腫瘍か判断します。


例:低倍率で腺腔狭窄がみられ、高倍率で腺細胞をみると粘液産生細胞がほとんどみられない。また腺細胞をみると核の大小不同や異型核分裂像がみられ高度の異型性であることがわかる。
したがって、大腸腺癌である。

bei********さん

編集あり2010/1/1923:43:53

手術で取ったものを目で見て表現したのを 肉眼的所見、
それを標本にして顕微鏡で見た報告が 病理学的所見です。病気の性質や進みぐあいがわかります。

はい、正しくは病理組織学所見 ですからね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる