ここから本文です

胃癌からの転移の肝臓癌について質問です。 現在62歳の父が、胃癌からの転移の...

hnwph1さん

2010/1/2109:43:34

胃癌からの転移の肝臓癌について質問です。

現在62歳の父が、胃癌からの転移の肝臓癌と診断されました。
抗がん剤を主とする病院の為、抗がん剤治療となりました。

リンパ節には転移なしですが、レベル4との診断で、
胃がんがかなり進行していて、肝臓にも点々と転移しているとの事です。

抗癌剤を始める事になったのですが、
何か他によい治療方法はないでしょうか?


義父も大腸がんからの転移の肝臓がんで、切除手術を行いましたので、
父も手術が出来るなら・・・と旦那さんに言われております。
漢方がいいと聞いたりしますが、
一番よい選択は何なのかが知りたいです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
30,554
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

reiohchanさん

2010/1/2714:36:23

はじめまして。
私自身の境遇と全く同じなので、書き込みせずにいられませんでした。

私の父も胃がんで、昨年8月に胃の3分の2を除去しました。よかった、胃を少しでも残せた⇒軽くて済んだ、と楽観していたところ、別の持病(脳梗塞)の検診で、胃がん再発に加え肝臓転移が見つかったのです。12月の初めでした。
再発があまりにも早く、手術はもう出来ないという事だけでなく今回は余命宣告もあり、本人をはじめ周りの者も相当なショックを受けました。
最初の病院では、新人医師の執刀で、定期健診も何回かした後は2ヶ月ほど先で、そんなに間をあけていいくらい状態が良いのだと、都合のいいように思っていたのですが、再発が分かってからは不信感でいっぱいになり、同じ病院に世話になるのは絶対嫌だということで、違う病院に入院しました。
現在は、抗がん剤治療のため、入退院を繰り返している状況です。

そして、質問者さんと同じように私もいろいろ調べました。
家族と相談して、これがいいのでは?としていることが、二つあります。
フコイダンを飲むことと、済陽高穂先生のすすめる食事療法です。
ガンを完治という高望みはせず、抗がん剤の副作用が軽くなればいいな・・・のレベルでした。
フコイダンも高いですし、食事療法も無塩料理・肉類摂取の禁止・大量の有機野菜ジュースの摂取など、手間がかかりますが、何もせずにはいられなかったのです。保険外の治療を受ける事を考えれば、こっちの方がはるかに安いですし、痛い・つらい治療でもないしと・・・

そして、現在の父の様子ですが・・・入院前はしんどそうに横になっていることが多かったのですが、今は家に帰っている時は調子がいいのか、家事を手伝ったり庭に出たりウロウロしています。
入院中もシスプラチン(抗がん剤)の副作用が全く出ず、ケロッとしているので、担当の先生から「何かしているのですか?」の質問攻め。きっとフコイダンと食事療法が効いているんだと思っています。そう思わないとやっていられませんし。
さらに良いことに、毎回の血液検査の結果がどんどん良くなってきています。
ですので、今は家族みんなが希望を持って前向きにがんばっています。

誰でもかれでも合うとは思いませんが、わが家はこの方法を続けようと思っています。
質問者さんも、どうか気を落とされませんよう、そして後で後悔しないよう出来る範囲でいいと思うことをして下さい。
一番よい選択・・・難しいですよね。
私も何が一番良いのか分かりません。・・・でも、今はふっきれたというか・・・気持ちは前向きです。
質問者さんにも、これでいってみようと思う何か・・・見つかりますように!
長文で失礼しました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/1/2219:56:41

元々が胃癌の肝転移ですから、分子標的薬(抗体医薬)を含む全身化学療法が標準的な適応になります。
肝転移のみを制御するならば、肝動注化学療法、ラジオ波焼灼術(RFA)が選択肢となります。
漢方は、末期癌の患者さんに対してQOLの維持を目的に十全大補湯や補中益気湯等が処方されることがありますが、癌そのものに対する効果は認められておりません。

一般に消化器の癌は進行が遅い分放射線や抗癌剤が効きにくいといわれています。
外科的切除が可能ならそれがベストですが、他の臓器に転移があるということは、血液中或いは他の臓器にも発見できないくらい小さな転移巣が存在している可能性があるのです。これを微小転移と呼びますが、これを叩くためには抗癌剤以外の選択肢がないのです。

参考url
http://www.cancertherapy.jp/liver_metastasis/2007_autumn/05.html
http://www.cancertherapy.jp/liver_metastasis/2007_autumn/03_02.html
http://www.cancertherapy.jp/liver_metastasis/2007_autumn/04_01_01.h...
http://www.cancertherapy.jp/liver_metastasis/2007_autumn/04_02.html

癌であることを公表した方のところには、必ず金の亡者が湧いてきます。
怪しげな「代替医療と称する詐欺商法」や、「免疫療法と称する金の亡者」等にははっきりとNo!を叩きつけてください。

---------------------------------------------

下の回答者が宣伝して回っている活性化自己リンパ球移入療法ですが、各地の大学病院などで高度先進医療として実施されている例はあります。そういった病院以外で実施した場合、自由診療(すなわち通常は保険適応となる部分まで全額自己負担)となり、莫大な費用がかかります。
高度先進医療の場合、1回辺りの自己負担額は\100,000~\60,000、営利目的のクリニックでは最低でも1回当たり\300,000以上請求される覚悟がいります。
高度先進医療として活性化自己リンパ球移入療法を実施しているのは下記の施設です。

*自己腫瘍(組織)を用いた活性化自己リンパ球移入療法(がん性の胸水、腹水又は進行がんに係るものに限る。)
東京都 東京女子医科大学病院
茨城県 筑波大学附属病院
和歌山県 和歌山県立医科大学附属病院
山梨県 山梨医科大学医学部附属病院
福岡県 久留米大学病院
神奈川県 公立大学法人 横浜市立大学附属病院
東京都 東京医科歯科大学医学部附属病院
愛知県 愛知医科大学病院
東京都 北里大学 北里研究所病院
*自己腫瘍(組織)及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法(がん性の胸水、腹水又は進行がんに係るものに限る。)
広島県 広島大学病院
山口県 山口大学医学部附属病院
千葉県 千葉県がんセンター
岡山県 川崎医科大学附属病院

このような治療を行っている民間クリニックに対するがん専門医の意見が渡辺亨先生のブログに代表されています。
http://watanabe-oncology.spaces.live.com/?_c11_BlogPart_BlogPart=bl...

宣伝係の彼(彼女?)が書いていることは間違いではありません。
唯一つ、宣伝であることを除いては。

ranpooruさん

編集あり2010/1/2110:00:39

最良の選択、といいますか必ず治る方法というものはお気の毒ながら不可能ですし効くかどうかは個人差というものが非常に大きいです。
手術は基本的に不可能だと考えてください。
特に、このような多発性肝転移の場合はです。

転移というのは直接浸潤を除けば血行、リンパの流れにがん細胞が乗って肝臓で定着増殖したという機序です。
これは既に全身の体液の中にがん細胞が存在するということになりますので手術などは不可能ですし、抗がん剤で全身療法を行うしか無いということになります。
直接浸潤の場合や大腸がんの場合は手術を積極的に行う医師もいらっしゃいますが、多発性転移の場合は不可能しょう。

あとは、免疫細胞療法(食物などで行う代替療法ではありません)や粒子線治療などが適応になってくるかもしれませんが、高度先進医療は健康保険が効きませんので数百万円の費用がかかります。
それでも・・・とおっしゃるなら下記のURLを読んだ上で主治医に相談してみてください。
http://www.kenko-msnet.jp/gannobyouin.html

あと、代替療法(マクロビオティックを含む食事療法)は基本的に効果が無い、もしくは証明されていないことをお含みおきください。アガリクスやフコイダンなどは効果があるかどうかはまだ未確定ですし、他の治療法があるにも関わらず、それを主治療とする決断をして結果、死亡する、という悲しい結果になった事例もあります。
抗がん剤というだけで拒否反応を示される回答者も多くいますが、十分な説明を受けたうえで医師を信頼して治療を受けられることをお勧めします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。