ここから本文です

ゴーダルの「中国女」を、 理解しながら観られる人っているんでしょうか? まぁ...

アバター

ID非公開さん

2004/5/2310:21:32

ゴーダルの「中国女」を、
理解しながら観られる人っているんでしょうか?
まぁ、毛沢東思想について語っていることは分かるんですが、
何を伝えたいのか、また、
伝えようとしているのかどうか分かりません。
ただ、実験映画としては、楽しめました。
ジャン・ピエール・レオーは、トリュフォーの、
アルフォンスシリーズの
イメージが強すぎたけど。

閲覧数:
382
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cobra_jorkerさん

2004/5/2310:28:27

あたしもゴダールは理解できなかったですね。ただ、なんかカッコイイとか単純な理由で観ていたことを思い出します。
あれから年を重ねた目で観ると、少しはわかるのかなあと思ってみたりもします。
トリュフォーは大好きでした。急逝され本当に残念でしたね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

justaindさん

2004/5/2310:39:54

もしかして教えてgoo!でも似たような質問をしていませんか?(別に非難しているわけでなく、もしそうなのなら、私はこれで2度出会ったことになると言いたいだけです)。
 
 それはともかく、実際に毛沢東の思想に関するディスカッションをドキュメンタリー・タッチかつ長回しで、徹底的に撮っただけのことですから、これを実験映画として楽しめたのならそれで十分だと思います。
 ゴダールはとにかく行き当たりばったりで、最後は大抵突然にドンパチが起こってあっけなく終わる、こういうのが多いです。それに較べれば徹底して実験的な映画創りをした本作は、ある意味ではずっと評価できます。私は実際にゴダールとしては良い方の作品に数えています。
 その上でもし『軽蔑』も良くないというなら、もうゴダールとは訣別する方がよいでしょう。尚、あちらはアントワーヌ・ドワネルですね。トリュフォーはいいですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。