ここから本文です

マンガ「ベルサイユのばら」で、フェルゼンとアントワネットは一度だけ(最後のほ...

ham********さん

2010/1/2222:44:56

マンガ「ベルサイユのばら」で、フェルゼンとアントワネットは一度だけ(最後のほうで)結ばれるシーンがありますが、実際はどうだったのでしょうか?個人的な考えなんですが、フェルゼンの想いって恋愛より

中世の騎士道みたいなものを感じるので、最後までなにもあってほしくないなーなんて思ったりしたのですが・・・

閲覧数:
11,595
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cid********さん

編集あり2010/1/2711:53:15

定説はありません。
よって「分からない」というのが普通の回答になります。

それだけだと無責任なので補足。
「なにかあっただろう」派の最大の論拠はフェルゼンの日記です。
http://blog.livedoor.jp/mayati1349/archives/51431702.htmlがまとまってるので引用します。


>これ(ヴァレンヌ逃亡事件のこと。引用者註)が失敗に終わってからも、数カ月後には命知らずにも変装してパリに戻り、新たな逃亡計画を国王に持ちかける。2人の恋人としての一夜を確信する歴史家達の根拠は、このチュイルリー宮に忍び込んだフェルゼンが残した日記的メモによる。

>「テュイルリー宮に行く、王妃に会うが国王は不在。王妃のアパートメントは綺麗な部屋だ。」そしてこの後にインクがこすられた後がある。このこすられた部分に「ここに泊まる=Reste la」という語があったというのが有力説だ。このReste laという語はフェルセンが日記=メモで度々使っている表現で、愛人である女性を訪ねて一夜を共にした時にそう記している。


フェルゼンの王妃救出にあたっての努力は超人的な物であり、実際の肉体関係の有無とかそういう些事よりも遙かに高次の想いから行動しているのは確かだとは思います。たぶんフェルゼン本人に聞いても、動機を明確に説明できないんじゃないかとか考えたくなります。

質問した人からのコメント

2010/1/29 12:25:42

ありがとうございましたスッキリしました

「フェルゼン」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる