ここから本文です

「雑費」の例は?

jdu********さん

2010/1/2301:23:03

「雑費」の例は?

確定申告も近いですが、
いつも使わないのが「雑費欄」。


みなさん、雑費ってどういうのを記載していますか?
また、金額の上限は常識的にどれくらいまでが適正だと思いますか?

補足あら、みなさん、ありがとう。

閲覧数:
9,265
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bin********さん

2010/1/2310:13:24

雑費勘定はやたらに使わないのが原則でしょうね。
事業をやっている以上何らかの科目に普段は計上できる
のですが、年に1回切りとか、どの科目に入れていいのか
判断に苦しむとかであれば雑費に計上する。
従って金額はなるべく少額(1度の取引2~3万以下あたり)で、
件数も少なめの方がよろしいかと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2010/1/2401:16:35

振込手数料、税理士の顧問料、手形の取立料
こんな感じですね。

金額の上限はとくに考えてません。

les********さん

2010/1/2321:55:09

そうですね~雑費は原則他の科目に分類しきれないものを処理する科目ですので
あまり多いのはおかしいですよね

雑費勘定処理が多いのは、確定申告代行料かな~税理士に対しての
支払手数料使う人も多いけど…雑費が一般的です。
上限って別にないです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる