ここから本文です

昔のパソコン事情について質問いいですか? 1990年前後の、ワープロソフト一...

kum********さん

2010/1/2317:30:47

昔のパソコン事情について質問いいですか?


1990年前後の、ワープロソフト一太郎は、高くて個人で買えなかったと、前の質問で知りましたが、 一体いくら位だったのですか?

閲覧数:
283
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rac********さん

2010/1/2318:45:05

参考になるかどうかわかりませんが、私が最初に買ったときは、

98,000円でした。Lotus1-2-3という表計算ソフトも同じだった記憶があります。

(1985年くらい)フロッピーディスクなので、打つ度にフロッピーを読み込むため、

漢字変換が驚くほど遅かったです。

何より本体とプリンタが馬鹿高く、一式全部買って、約100万くらいしたと思います。

質問した人からのコメント

2010/1/24 01:02:38

驚く ひえ~~~~~~~!!!
です。



100万円もしたんですかぁ・・・・(汗)


一太郎がフロッピーだったとは、驚きです。


フロッピーディスク一枚に約10万ですか・・・・・

としたら、会社には、パソコンは何台もなかったのでしょうか。
一太郎を使って書類を作成する専門の方がいたのでしょうか・・・・


まず、パソコンの価格に驚きです。


お二方様、どちらもベストアンサーの気持ちで、ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kak********さん

編集あり2010/1/2322:08:23

1980年前後にでていた一太郎のバージョンは
4.3です。
定価は58,000円でした。

http://www.ichitaro.com/history/tw04.html

http://www005.upp.so-net.ne.jp/tom-tom/kyusoft1.html


一太郎が出る前には、管理工学社の
「松」というワープロソフトがありましたが、
こちらは12万円以上でした。
それに比べれば、一太郎の方がまだしも
安いです。
(「松」も後に「新松」にかわって価格が下がりますが。)


ロータスは先の方がお書きになったように、98,000円
ですが、90年前後の一太郎はそこまで高くはありません。
その前の一太郎ver.3も58,000円でした。

ただし、一太郎は、ver4になって、EMSメモリとハード
ディスクが必須となりました。
ver3までは、メモリの拡張なし、フロッピーディスク
2基の構成でも動いていたのですが、ver.4に
なって機器の増設やパソコンの買い換えが必要に
なってきました。
その費用まで考えると、それなりの金額がかかります。

ジャストシステムでは、一太郎ver.4の発売と同時に、
自社でEMSメモリの販売も行っていました。
(ただし、ver.4は不具合があり、4.1、4.2、4.3と
立て続けにバージョンアップを行っています。)


この時期の日本のパソコンは、一太郎のバージョン
アップが、パソコンのハードも牽引する、という面が
ありました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる