ここから本文です

SUPER GTが世界一速いGT選手権というのは本当ですか?

nan********さん

2010/1/2709:35:12

SUPER GTが世界一速いGT選手権というのは本当ですか?

補足DTMとの違いは分かりましたが、FIA‐GTやWTCC、ル・マン24時間(LMGT1・2クラス)とはどうなんでしょう?


比べること自体が間違っているかもしれませんが、回答頂けたら嬉しいです。

閲覧数:
2,227
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lio********さん

2010/1/2821:39:22

まずGT500とGT300を切り離して考えます。
FIA GTとLMGTは1・2共にほぼ同じレギュレーションですので連動していると思って頂ければと思います。
結論から言いますと、
GT500>LMGT1・FIA GT1>WTCC
LMGT2・FIA GT2>GT300>WTCC
です。まずWTCCですが、2000ccNAですので勝負になりません……。最高出力280ps相当です。
2009年のGT500にアストンマーチンDRB9が出場しましたが、これがLMGT1です。そして結果は……勝負になっていなかったです。
逆にGT300に参戦したオレンジ色のフェラーリF430はLMGT2ですが、直線ではGT300を上回っています。

質問した人からのコメント

2010/1/30 21:17:25

成功 それぞれの違いがよくわかりました。

追加の質問にも付き合っていただいてありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ken********さん

2010/1/2812:36:04

そうですね、他の方のいわれているようにコーナリング速度は異常に速いです、これは他と比べるとタイヤレギュレーションが緩く、ここが一番響いているかと思います。

ただ構造的には一番過激というわけでなく、比較されやすいDTMとは一長一短というところです。
車体は、キャビンと前エンジンルームとの前部隔壁、およびシート背面後ろにある仮想隔壁位置を後部隔壁として、その間のキャビン部分を市販車のモノコックを使うことになっていて、その前後はパイプで作り直すことが認められいます。実質的にはキャビン内を貫くロールケージと前後パイプフレームで、車体全体のパイプフレーム構造が確立されていて、元のモノコックは車室を形作りパイプフレームを補強する、補助構造物になってます。

DTMのほうは市販車の面影を残す外形(これが届出認可制になってる)を0から作ったパイプフレームにかぶせてあるだけで、そこに市販エンジンベースの4リッターV8を乗せてあります、いってみるとNASCARと共通した考えのレギュレーションです。
SGTはエンジンはF-ニッポンの3.4LV8の純レーシングエンジンで、これはこちらが割り切った考えかなとは思います。

私見ですがSGTの場合は、開催されるサーキットはほぼすべてF1規格のサーキットで、サーキット自体の安全性が確立されているので、コーナリング速度が速くても問題ないのかな、と思います。それよりGT500と300の混走なので、直線の速度差のほうが問題視されているのか、パワーは抑え気味です。

逆にDTMは少なからず市街地コースもあり、クローズドのところも準国際格式程度のところも多く、コーナリング速度を抑えようという意図が見えます。歴史的にヨーロッパのツーリングカーはタイヤ細めで、ミューの低い公道コースを以下に速く走るか、という流れが多いように思います。

aka********さん

2010/1/2723:39:57

専用のシャーシを使い、真っ直ぐは速くないもののコーナーが異常に早いんです。
現にGT300でFIA-GT2のフェラーリとSGT仕様のフェラーリは
コーナーでは非常に差があります。

hal********さん

2010/1/2712:00:46

そうです。
現在DTMとの提携問題などもありますが、
DTMマシンと鈴鹿で8秒ぐらいの差があるそうですね。

まあ日本のJAF-GTはシルエットフォーミュラ状態ですから
当然と言えば当然でしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる