ここから本文です

総勘定元帳の摘要欄について…

pin********さん

2010/1/2909:54:32

総勘定元帳の摘要欄について…

つまり、伝票の各摘要欄ということになりますが、ここにちゃんと情報を入れなければならない!という理由・根拠を、社内の人に説明するのが難しいです。

消費税法上、摘要欄に品名を明記しなければならないのは知っていますが、他に、こういう法律にこんなことが書いてある、とか、わかりやすいものがあれば教えてください。

元々会計や簿記を知らずに実務を始めたので、基本的知識が不足しておりお恥ずかしいですが、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
4,279
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uot********さん

編集あり2010/1/2916:12:50

消費税だけと思います。他の法令等には記載について触れたものは無いと思います。

科目は部署や取引の内容・目的すなわち摘要に基づいて決定するものです。
摘要は正しい科目を決定する判断材料です。
例えば、通信費の摘要に収入印紙はアンマッチですから、科目間違いかな?と気づきます。
領収書や購入者に確認して、購入したものが収入印紙なら正しい科目は租税とります。
ご承知のように、租税にも収入印紙、登記印紙、収入証紙、事業税、事業所税などがあります。これらの税目別の実績を集計する場合に摘要が無いと非常に困難となり、申告書に記載するには証憑書類保管場所へ行って集計しないと申告書が作れません。摘要書きがあれば、手許の帳簿から集計すれば大幅な時間と労力の節約となります。

質問した人からのコメント

2010/1/30 17:15:42

そうなんですね!本当にそう思います。もう一言書いてくれれば…ということもよくあります^^

もうお一人は、よく意味がわからず残念ですが…
税理士や国税庁からも「空白はないように」程度の指導を受けたことはありましたし、違法とまではいかなくても、組織が大きいこともあり書類をシンプルにわかりやすくする必要がありまして。請求書の件は、私は業務上関わることはないですが…?大丈夫です。

どうもありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rkh********さん

2010/1/3016:28:17

をいをい、消費税法でも摘要欄明記義務なんざ定めてないだろw課税仕入れの相手方の氏名又は名称とか課税仕入れに係る資産又は役務の内容とかが記載されてる帳簿て定めはあるが、摘要欄に記載しなけりゃ駄目とは定めてないからw補助科目とか補助簿とかの活用で記載できてるなら伝票の摘要欄空欄でも消費税法上の問題ないからw

あと、をいをい、摘要て重要箇所の抜き書きて意味で、部署や取引の内容・目的て意味じゃないからw正しい科目判定してから重要箇所抜き書きするのが手順で、重要箇所抜き書きで正しい科目判定するて本末転倒もいいとこw

あと、プッwこっから先は独り言w請求書出し続けてりゃ100年経っても大丈夫て嘘、質問者が信じちまったぜwどうすんだよwしかも訂正する機会はいくらでもあったのに質問締め切られるまで訂正なしw質問者が今後も請求書出し続けて10年とか経って支払督促とかしても、相手から時効を援用されたら質問者負けるぞw嘘つくなw意地張って訂正しないなんてどんだけw無責任w極悪w

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる