ここから本文です

節分とは春夏秋冬季節の節目におこなわれるものだと聞きました。 ではなぜ今...

nya********さん

2010/1/3108:35:07

節分とは春夏秋冬季節の節目におこなわれるものだと聞きました。

ではなぜ今は立春の前の節分しか残っていないのでしょうか?

閲覧数:
9,409
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

編集あり2010/2/302:58:52

節分は、もともとは「季節の節目におこなわれるもの」(イベント)ではなく、「季節の節目」のことです。
そのため、土用も節分も春夏秋冬の年4回あり、
夏の土用の丑の日には「鰻を食べるイベント」、
冬の節分の日には「豆まきのイベント」があるということです。
「土用の丑の日」や「節分」は、
イベントの名称ではなく、イベントを行なう日の名称だったものです。

【春】立春〜春の土用〜春の節分
立春………新暦2月4日頃………旧暦12月半ば〜1月半ば
春の土用…新暦4月17日頃〜5月4日頃
春の節分…新暦5月4日頃
【夏】立夏〜夏の土用〜夏の節分
立夏………新暦5月5日頃………旧暦3月半ば〜4月半ば
夏の土用…新暦7月20日頃〜8月6日頃
夏の節分…新暦8月6日頃
【秋】立秋〜秋の土用〜秋の節分
立秋………新暦8月7日頃………旧暦6月半ば〜7月半ば
秋の土用…新暦10月20日頃〜11月6日頃
秋の節分…新暦11月6日頃
【冬】立冬〜冬の土用〜冬の節分
立冬………新暦11月7日頃………旧暦9月半ば〜10月半ば
冬の土用…新暦1月17日頃〜2月3日頃
冬の節分…新暦2月3日頃

春夏秋冬の節分のうち、とくに冬の節分に鬼払いの豆まきのイベントを行なうのは、
十二支・方角・時刻・季節などを陰陽五行の思想でみたときに、
大寒(丑)と雨水(寅)の境目となる冬の節分〜立春が「丑寅」の鬼門となり、
鬼(邪気や災厄)が現われるとされたからです。

冬…冬至…旧暦11月…子… 0時(23時〜1時)…… 0度=北
冬…大寒…旧暦12月…丑… 2時(1時〜3時)…… 30度=北北東微東
節分〜立春…………丑寅(艮)………3時…………45度=北東…………鬼門
春…雨水…旧暦 1月…寅… 4時(3時〜5時)…… 60度=東北東微北
春…春分…旧暦 2月…卯… 6時(5時〜7時)…… 90度=東
春…穀雨…旧暦 3月…辰… 8時(7時〜9時)……120度=東南東微南

北東の丑寅の方角を鬼門としたり、
午前3時の丑寅の時刻を鬼門としてその前に丑の刻参りを行なうのも、
これに由来します。

また、旧暦の「節月」では、冬の節分は大晦日、立春は元日に相当するので、
冬の節分は春夏秋の節分よりも特別な意味をもつことになります。


暦と時刻と方位と干支の対応の図
http://www.kuu-kikaku.jp/rekishi/jikoku-etc.html#koyomi-jikoku-houi...


【追記】
《各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日に節分会(せちぶんえ)が行われていましたが、江戸時代以降、春の節分だけになってきたようです。》
との回答がありますが、立春前日は「春の節分」ではなく「冬の節分」です。
また、現代の節分行事は、もともと「暦月」の大晦日に行なわれていた追儺と、「節月」の大晦日にあたる冬の節分の節分会が、室町時代頃に習合して、江戸時代に一般庶民に広まったものです。

節分の由来
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1435952204

歳時部/節分 - 古事類苑全文データベース
http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/index.php?%E6%AD%B3%E6%99%82%E9%...

歳時部/追儺 - 古事類苑全文データベース
http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/index.php?%E6%AD%B3%E6%99%82%E9%...

節分は、もともとは「季節の節目におこなわれるもの」(イベント)ではなく、「季節の節目」のことです。...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「夏の節分 意味」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

har********さん

2010/2/301:54:22

仰るように、節分は年4回ありますね、立春・立夏・立秋・立冬の前の日ですよね。

旧暦では正月の頃が立春の頃だったと言われています。
そして昔は、冬から春になる時期を一年の境としていました。
(この名残からか、新年の挨拶の中に新春とか迎春って表しますよね)

立春の前日の節分は現代の「大晦日」となるわけです。
この大晦日(節分の日)に一年の厄(邪気)を祓う願いがあったようです。と言う事で立春の前日の「節分」を大事にしたのでは無いでしょうか・・。

豆まきは西暦700年頃、中国から伝わり宮中で始まったようです。
当時は疫病や災いをもたらす鬼を追払うと言う思い・願いがあったのでしょう。

hap********さん

2010/1/3111:50:32

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86
各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日に節分会(せちぶんえ)が行われていましたが、江戸時代以降、春の節分だけになってきたようです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる