ここから本文です

ホルムアルデヒド合成の実験。 試験官中のメタノールにコイル状に巻いた銅線をガス...

soh********さん

2010/2/1117:58:26

ホルムアルデヒド合成の実験。
試験官中のメタノールにコイル状に巻いた銅線をガスバーナーで加熱し、赤くなったらすぐに試験官に入れ、メタノ ールの液面に近づける。
銅線の色が変わったらコイル状の部分を試験官の口元まで戻す。
これを繰り返す。
この実験でのメタノールと銅線の変化を教えて下さい。
回答お願いします。

閲覧数:
4,421
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

for********さん

2010/2/1118:58:05

おそらく酸化銅が酸化剤に、メタノールが還元剤になるのでしょう
このとき
メタノールは酸化されてホルムアルデヒドに
酸化銅は還元されて単体の銅に
それぞれ変化します
このとき銅線は酸化銅の黒色から銅の赤色に変わります
また、発生した物質がホルムアルデヒドであると確認するには臭いをかぐ(刺激臭)か、フェーリング液に通せばいいでしょうね

質問した人からのコメント

2010/2/18 13:25:51

降参 ありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる