ここから本文です

狂犬病の予防接種のタイミングについて。

ali********さん

2010/2/1215:43:16

狂犬病の予防接種のタイミングについて。

誕生日の都合で毎年
12月に狂犬病の予防接種を受けております。

今年も1月に予防接種を受けさせましたが、
平成21年度分の有効期限は3月31日なので、
来月末で切れてしまい、
次の12月の接種時期まで「平成22年度分」の予防接種は「未接種」状態になります。

「未接種」ですと、ドッグランなどを利用する際に都合が悪いので、
平成22年度分の予防接種を4月以降に接種させたいと思ってますが、
数カ月しか時間が経ってない状態で受けさせてもいいのでしょうか?

閲覧数:
722
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tor********さん

2010/2/1216:20:34

それぞれの自治体によって変わってくるかもしれませんので、都内の場合の認識としてはこんな感じということでよろしければ。
あと、行政に正確な確認をとった情報ではなく、現場としてはこういう対応です、ということで参考までに。

今年の1月に狂犬病の予防接種をされているのでしたら、予防接種自体は1年間有効(という前提でやっている)ですので、2010年12月までは「接種済み」となります。
予防接種の証明書も発行されているはずです。

ドッグランなどをご利用される時は、この証明書があれば問題ないのではないかと思いますが……。

ただ、自治体としては、『毎年4月~6月の間に接種』して尚且つ『自治体に登録』をしていない犬については『未接種』扱いになってしまいます。
これはあくまでも自治体の事務処理の都合上の理由で、年間を通じて各家庭バラバラに対応するのが困難なため、というそれだけだそうですが、法律上決まっているのでそれを守らなければ違法というお役所思考なわけですね。

狂犬病のワクチンはほとんど副作用がない、と言われています(色々意見はあるようですが、獣医さんの大半はこの考え方のようです)。
例えば今年の6月に接種し、登録ということにすれば半年くらいインターバルがありますので、体の負担もさほどではないと思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる