水素燃料電池の車って、水の電気分解で水素を作ったらダメなんですか? 酸素と結合したら、爆発を起こしてしまいますし。 http://www.jhfc.jp/beginner/about_fcv/index.html#05

補足

みなさん 回答ありがとうございます。 エネルギーの効率が悪いということは分かりました。 水素は加圧下でないと、爆発しないのですか? では、飛行船事故や、学校の実験で、水素を発生させて、火をつけると"ポン"というのはなぜでしょう? 加圧してませんが…

自動車5,478閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすい解説ありがとうございました

お礼日時:2010/2/16 18:14

その他の回答(7件)

0

燃焼させるのに加圧は必要ありません。 ただエンジンでは、爆発(燃焼)の力を使っていますが、加圧(圧縮)した物を爆発させた方が多くの力を取り出せるから、加圧するのです。

1

水素を使った燃料電池の原理は、水の電気分解の逆の減少を起こすことです。 ですから、水を電気分解して水素を取り出しても、その水素を使って発電した電気は、分解するのに使って電気と同等以下ということになり、車を走らせる電気が残ることはありません。 (たぶん現在の技術では、ロスが大きくてかなりの逆ザヤになるでしょう。) 家庭用燃料電池のように、ガスやアルコールから触媒を用いて水素を取り出すことも出来ますが、自動車に積むには機械が大型化してしまい効率がよくありません。 ですから、燃料電池車には、直接水素を貯蔵するのが理想的です。 水素が危険な燃料だと思っている人も多いでしょうが、実は極めて安全な燃料で、漏れ出しても爆発することはありません。 水素は加圧しないと爆発しない性質だし、気体なのですぐに空気に溶け込んでしまうので、液体燃料のようにこぼれてメラメラ燃えることも有りません。 例えば、ダムや洋上等で自然エネルギー発電を行い、その場で水を電気分解→パイプラインで陸上に水素を搬送して燃料として使用する。 このようなプランなら、CO2の発生も送電ロスもなく、効率が良いかもしれません。

1人がナイス!しています

0

燃料電池で発生する電力では、自らが使用する水素と酸素を水から分解するのに必要な電力に足りません。タダでさえ、電気分解用に足りないのでは、走行用モーターに電気を供給できません。 というか、そんな事が出来る様でしたら永久機関の完成です。 ガソリンエンジン車が電気を使ってセルモーターを回すと言ったって、始動するときに5秒程度使うだけです。それとは訳が違う。