ここから本文です

初期の肺ガンです。手術したほうが良いのでしょうか?

mrp********さん

2010/2/1616:35:05

初期の肺ガンです。手術したほうが良いのでしょうか?

肺気腫で呼吸器内科を受診しており、半年に1度くらいレントゲン検査をしていました。
本年1月下旬、レントゲンで怪しい影が見つかり、CTを受け、肺の内視鏡検査を受けました。
内視鏡検査では、採取した細胞からは癌は見つからなかったのですが、しかしこれは、
肺気腫があるため肺が脆くなっているので肝心の部分にまで内視鏡が到達していない
可能性があるから、これをもって「シロ」とは判定できない、ということでした。
肺ガンは脳に転移しやすいとのことで、MR検査もしましたが、転移は見られないとのこと。

次いで、PET-CT検査を受けたところ、肺の当該部分に造影剤の集積が見られ、
呼吸器内科の主治医の見立てでは、「8~9割は癌だろう」ということです。
ただし、確実に癌だという証拠はありません。

対策として、手術(左肺の下半分を切除)か、放射線治療のいずれかを選ぶべきだが、
主治医としては、思い切って手術したほうが良い、というような口ぶりでした。
(肺気腫ですが、症状は軽いので、片肺の半分を切除しても、生活の質が極端に低下
する(酸素治療が必要になるとか)ようなことはないだろうとの診断です)

腫瘍の大きさは、2センチ未満。左肺の中央やや下方にあります。

わたしとしては、手術はなるべく避けたい気持ちが強いのですが、こういうケースでは
やはり手術したほうが良いのでしょうか?
専門家・経験者の方々のご意見をお伺いしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
2,945
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gan********さん

2010/2/1712:24:50

手術を避けたいということであれば、放射線治療を選択したほうがよいと
思います。手術は体への負担も大きく、正常部分もある程度は切除して
しまうので、術後のQOLを考慮すると、肺は可能な限り残したいところですね。

ちなみに、手術以外のがんの治療法として、以下のようなものもあります。
副作用が比較的少ないといわれている、最先端のがん治療法です;

・がん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)
・免疫放射線療法(ピンポイント放射線療法(IMRT)+がん標的免疫療法)
・HITV(human initiated therapeutic vaccine)療法

もしご興味がおありであれば、インターネットで検索して実施先の医療機関に、
費用の面も含めて、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

質問した人からのコメント

2010/2/17 22:58:03

ご助言ありがとうございます。大いに参考にして、自分なりの結論をだしたいと思います。
また、ベストアンサーに選ぶことができませんでした方々のご回答も、今後を考える上で大きな参考になります。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tke********さん

編集あり2010/2/1622:29:24

検査について専門家ではないので、参考として聞いてください。

気管支鏡検査で確定できず、
PETでかなり疑われていると診断されているということですから、

気管支鏡検査で分からないとなると、
もう針生検で直接組織をとるしかないような気がします。

肺気腫もあることなので、この検査ができるのかは分かりません。
針生検は、字のごとく、麻酔科で、針を直接、肺にさして、組織を採取するので、
患者の負担は、気管支鏡にくらべ、大きいものになります。
肺をとるほどの負担にはなりませんが、針を刺すので、軽い気胸はほとんどの方がなるんだったと思います。(肺から空気が漏れる)他にもある一定の負担はあると思います。


経皮針生検、胸腔鏡下生検で調べれば詳しいことは分かります。
検査は専門でないのでここまでにします。
このリスクを負担するよりも、今の癌の可能性が高いとの判断が主治医には有るのかもしれませんが。
できるだけ、手術を避けたいと気持ちがありますし、
それならば、セカンドオピニオンを受けてみてはどうでしょうか。
他の専門家の意見を聞くことができればよいのではないでしょうか。
もちろん、主治医が治療の時間を早くしたいと気持ちがあるかもしれませんし、
それでもすぐにセカンドオピニオンできると思いますし、すぐに動けば受けれるかもしれませんし。

専門家ではないので、参考程度にご利用ください。

小杉 崇さん

2010/2/1622:23:33

放射線治療医です。
基本的には手術がよいと思います。
しかし、新しい放射線治療で腫瘍に集中して放射線をかけるやり方があり、選択枝になりえます。「定位照射」といいます。
その中にもいろいろな種類がありますが、代表的なものは照射のタイミングと呼吸を同期させて行うようなものです。
これだと手術に匹敵する治療成績が得られるようです。
とはいえ、この放射線治療を行える施設はまだ限られていますので近くの病院でできるかどうか調べる必要があります。

2010/2/1618:38:57

手術しないと治らないと思います(数年以内に死にます)。それでもいいなら、どうぞ。
肺がんで手術可能だなんて、むしろ幸運だと思うのですが。

fug********さん

2010/2/1617:40:57

決めるのは結局はあなたです。
叔父が肺がんで放射線と薬での治療をしましたが凄まじいものでした。
吐くし、髪の毛は抜けるしと言う感じで。死んだ方がましだと何度も言っていましたが運よくなおりました。
手術の方が楽で、放射線の方が辛いと言っていましたが、両方とも辛いでしょうね。
どちらを選んでも辛いでしょうががんばってください。というしかないです。
ごめんなさい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる