飛行機のパイロットは航行中、トイレはどうするのでしょうか?

飛行機のパイロットは航行中、トイレはどうするのでしょうか?

飛行機、空港33,907閲覧

ベストアンサー

30

国内線ではパンクしそうな時意外はトイレに行かなくなりました。 9.11以降パイロットは飛行機に乗り込めば極力コックピットから出ないことになりましたから、 国内線であれば、フライト前に済ませておきます。 国際線では長時間になりますので、トイレに行ったりしますが、交代で操縦桿を握ることになりますね。 (大半が自動操縦ですが、、、) 上記記載しました、極力コックピットから出てこないですが、ハイジャックに遭い、犯人が「コックピットを開けろ」と言っても開けません。 こちらも9.11以降ですが、 何があってもパイロットは生き残らなければならなくなったので(義務?)、人質として乗客が殺されようが、コックピットは絶対に開けません。

30人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/3/1 20:18

その他の回答(9件)

1

ロシアのSu-34戦闘機は、トイレが付いてます。

1人がナイス!しています

0

フツーに行きます。 パイロットは二人体制(長距離の場合は2人×2班)ですので、もう一人に任せて普通にトイレへ行きます。 大昔はドアを開け放って、キャビンクルーと雑談もしていました。 昨今ではコクピットクルーが出入りするときは、その前にキャビンクルーがカーテンを閉めて出入りが見えないようにしています。

0

自動操縦中でも絶対に1人は操縦席にいないといけいんで機長と副操縦士が交代でトイレに行きます。 トイレは客室のものを使います。

0

機長と副操縦士が交代で休憩します。海外便ではトイレだけでなく結構出てきてクリューと話し込んだりしていますよ。最前列の席で仮眠を取ることもあります。