ここから本文です

真央ちゃんは上手かった。しかし、ヨナは怪物だった。怪物相手に互角に戦った真央...

sky********さん

2010/2/2622:47:18

真央ちゃんは上手かった。しかし、ヨナは怪物だった。怪物相手に互角に戦った真央ちゃんは日本人の誇りだと思います。

何か文句ありますか。

閲覧数:
327
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uma********さん

編集あり2010/3/322:47:25

うーん、確かに素晴らしい選手ですが「怪物」とまでは?。

コーチ陣含め狡猾であったと考えます、悪い意味ではありません、知力戦略に勝っていたという事ですね、(それが自信へとつながり演技にも少なからず影響したのでは?。)
浅田陣営はこれにおいて後塵を拝したと考えます。
ガーシュインを選曲する事すら北米へのアピールかな?などとまで考えましたね。

浅田は素晴らしかった、悔しさに泣く姿は自信の裏返しであろう。
500の加藤同様、強い者こそが流す涙だ。(加藤は泣いてはいないが抑えきれぬ悔しさと少なくとも数日、今も?、戦っていると言う、ブログより)
あの2回のトリプルアクセルは採点基準が以前のものであれば軽くヨナをあしらうだけの加点になっていたのだが。・・・・
ところであれが出来る者が今居ないとすればむしろ怪物は浅田とは言えまいか?。
伊藤みどりは高いジャンプがあればこそ着地も出来た、浅田の低く超高速で回り降りるさまは人間技とは思えない、私の目には奇跡と映った。

いずれにしろ今回は負けたが、黙って引き下がる真央ちゃん(天才)じゃないよ。

キムよ、4年後ソチで又会おう、楽しみにしてるぜ、さらばだ!。(引退なんて早過ぎるよ!)

補足;
ついでに言うけど芸術点偏重の昨今の審査基準は今回の事件を契機に又見直されるだろう。

今回の事件における最たる罪は子供たちに「ジャンプはミスが無けりゃあ良い」って、恐るべき価値観を植え付けた事。

極端な話、このままでは3回転半は浅田以降見れなくなります。

技術と芸術の均衡が崩れたままではフィギアはダイナミズムの無いただのダンスショーへと落ちて行くだけ。
技術と表現力はフィギアの両輪の歯車である、言い換えれば静と動の強いコントラストにこそこの種目の醍醐味があるのだから。
組織の上役らには猛省を促したい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ポンペさん

2010/2/2711:57:58

怪物とまではいかないが、同感です。

k6k********さん

2010/2/2623:47:45

全く文句ないですね。
ある人いるんでしょうか。
相手あっての勝負ですから、全力出し切っても1位になれると限りませんし。
上位何人かはほんとミスらしいミスもなく、それぞれにシーズンベストやパーソナルベストを出していて
素人目には金メダルが5つくらいあればいいのにと思ってしまいました。

nek********さん

2010/2/2622:50:35

全く無いです。まだ若いのに銀メダルで十分素晴らしい結果だと思います。


これからも頑張って欲しいですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる