呪怨のとしお君役の 役をしていた男の子が 撮影のちに亡くなった という噂を聞いたの ですが本当なのでしょうか?

呪怨のとしお君役の 役をしていた男の子が 撮影のちに亡くなった という噂を聞いたの ですが本当なのでしょうか?

映画297,025閲覧

6人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

78

それでは、もっと恐ろしい話をしましょう。 「アバター」を見た人が少なからずお亡くなりになっているそうです。 何しろ、国内でも結構なヒットを記録した映画ですから、観にいった人が その後、亡くなっていてもおかしくありませんよね。いやー、怖い怖い。 ・・・という、冗談はさておき、何が言いたいかというと人間は誰でも 死ぬので、映画に出演した後に出演者がお亡くなりになっていても おかしくない、ということを言いたいのですよ。 そこで気にして欲しいのは「呪怨」に出たから死んだのか、単なる 訃報なのか、誰にも判断なんかできないということ。 判断できないのなら、それは「呪怨」に出たから死んだのではなく 「呪怨」に出た後に、それとは関係なく死んだと考えるのが普通です。 「呪怨」という呪いをテーマにした映画の出演者が死んだ=呪われて 死んだ、じゃないんです。 「アバター」を観た人が、「アバター」を見た後で死んだからといって あなたはそれを「アバター」と結び付けないでしょう? 結びつけちゃうのは、噂の元の映画が「呪怨」だから、というだけですよね。 人間というのは関連性を求める生き物なので、何かと因果関係を 結び付けたがるのですが、実際にはそこに因果関係は発生していないのです。 なので、そのことは頭の片隅に置いておいて欲しいです。 ちなみに、としお君役の子が亡くなったという噂は、全ての作品で 彼だけ配役が変わっているところからきているのだと思います (実際に配役された子役の方が亡くなっているかどうかは知りません)。 ですが、それについて、監督の清水崇さんは、単純にあの年頃の 子供は直ぐに成長してしまって次の映画に使えないと、DVDの コメンタリーで発言してます。実際、最初の映画の時、ビデオで 出演したとしお君役の子に声をかけたら、体格とか別人になってた そうですよ。

78人がナイス!しています