ここから本文です

ナポレオン名言集で、「タレーラン、お前は絹の靴下を履いたクソだ!」という名言...

sam********さん

2010/3/304:42:02

ナポレオン名言集で、「タレーラン、お前は絹の靴下を履いたクソだ!」という名言が残ってます。
タレーランは、タレ流しのボットン便所に落ちて、クソだらけになったんですか?

閲覧数:
2,606
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fel********さん

2010/3/316:31:16

ボクは小学生でしゅが…

ちがいましゅよ。ある日、ナポレオン一世がタレーランの脱いだ靴下を臭いを嗅いだら、ものすごく臭かったからでしゅ。
で、上記のような言葉を投げたワケでしゅが、タレーランはそのとき初めて、自分がイヌの糞を踏んだコトに気づいたということでしゅ。
バカボンのパパはこの故事から「タリラリラーン!」というセリフを言うようになったというコトでしゅ。

質問した人からのコメント

2010/3/3 17:22:00

分かりやすいですね(笑)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yuu********さん

編集あり2010/3/308:24:07

ある日タレーランは、宴会用に上物のヒラメを二匹手に入れました
当時は新鮮な魚を手に入れること自体が難しかったので、これはすごいこと・皇帝ナポレオンの侍従長にまで出世したタレーランの権力を象徴することでした
しかし、二匹とも宴会に出したら、「あの野郎、金と権力持ってるからって贅沢こきやがって。ムカつく」と言われるかも…
それを恐れたタレーランは、一計を案じました
宴会当日、メイドに、「わざとコケてメインディッシュのヒラメの大皿をひっくり返せ(いやならクビだ)」と命じたのです
この不祥事に騒然とする客に、タレーランは一言、「ご心配なく、こんなこともあろうかともう一匹仕込んであります」
客たちはムカつくどころか、タレーランの機転をほめたたえたそうです
…タレーランはそういう男でした
たしかに、本性知ってたら「クソ」と言いたくなりますねw

ナポレオンは軍人、どちらかと言えば単純な熱血漢です
一方タレーランは、よく言えば老練・悪く言えば陰険な策士です
しかも、ナポレオンはど田舎コルシカの庶民の出ですが、タレーランはパリの名門貴族の出でした

当然、二人の相性は最悪でした

他人を「クソ」呼ばわりするナポレオンもアレですが、タレーランの方も「クソ」と呼ばれても仕方のない・素直じゃないところがあったのです
結局二人の関係は、タレーランの制止を無視したナポレオンがロシア遠征で惨敗し、ナポレオンよりフランスを取ったタレーランが自分からナポレオンを裏切って失脚させたことで終わりました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる