ここから本文です

搭乗者傷害保険の部位部症扱いについてお尋ねします。自損事故で病院に行き、診察...

kin********さん

2010/3/603:52:44

搭乗者傷害保険の部位部症扱いについてお尋ねします。自損事故で病院に行き、診察、診断書等の治療費は自動車保険で賄うものなのでしょうか? それとも自分の健康保険なのでしょうか?宜しくお願い致します。

閲覧数:
316
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jog********さん

2010/3/607:05:15

窓口負担と搭乗者傷害保険は全く関連性がありません。搭乗者傷害保険はあらかじめ決められた算出方法で出された保険金が受傷者に払われるのみです。

健康保険を使った保険診療であれば、治療費の3割を窓口で負担します。健康保険を使わない自由診療であれば治療費の100%を窓口で負担します。負担の程度では健康保険使用を1とした場合自由診療では5~7程度といったところですね。

質問した人からのコメント

2010/3/12 13:16:23

成功 ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

abc********さん

2010/3/608:45:58

根本的な理解が足らないようです。


搭乗者傷害(部位症状別払い)

怪我の症状、程度によって、定額で支払われる。加入時の内容により変わるので「○○円もらえます」とは言えませんが、
例えば、「頚椎捻挫で5日以上の通院なら10万円」といったように、定額で決められています。



搭乗者傷害(日数払い)

保険申し込み時に設定された金額で、日常生活に支障をきたす期間の入院・通院日数により支払われます。
例えば、入院15000円、通院7500円で設定しており、2日間の入院、20日間の通院だったとすると、
(15000×2)+(7500×20)=180,000円といった支払いになります。



人身傷害
治療費・慰謝料・休業補償・通院交通費等、実損額が支払われます。診断書等の費用も出ます。
相手があり、お互いに過失が発生する事故でも、保険会社は全額立替払いしてくれ、その後、相手の過失分を相手へ請求します。



また、一般的には、自損事故の場合や自分の過失が大きい場合、健康保険を使用します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる