光テレビにしました。 NHKの受信料は払わなければいけないのでしょうか? また、払わないためにはどうすればいいですか? 何か裏わざがあったら教えてください

光テレビにしました。 NHKの受信料は払わなければいけないのでしょうか? また、払わないためにはどうすればいいですか? 何か裏わざがあったら教えてください

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

3

受信料とは、NHKと契約した結果発生します。 契約をしていないのならそもそも支払う義務が存在しません。 なぜなら「受信料を支払わなければならない」などと定めた法律は日本中どこを探しても存在しないからです。 それに「ひかりTV」などのFTTH回線によって配信されるTV放送であれば、裏技などではなく、法的にNHKと契約する必要は一切ありません。 NHKとの契約を定めているのは「放送法」と言う法律の32条1項です。 下の人がご丁寧にも全文掲載されているのでよく読んでみましょう。 契約をしなければならない人とは、「協会の“放送”を受信できる受信設備を設置した者」と書いてありますね。 この放送法でいう放送の定義は「公衆によって直接受信される事を目的に送信される無線電波の送信(放送法2条)」ですが、「ひかりTV」は電気通信役務利用放送になり、この場合の“放送”とは「公衆によって直接受信されることを目的とする電気通信の送信(電気通信役務利用放送法2条)」になります。 放送法32条1項但し書きには契約除外事由として「放送(公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信)の受信を目的としない受信設備」とありますので、これに該当しますね。 また、この電気通信役務利用放送法15条には、放送法の準用規定が定められていますが、その中に放送法32条は含まれていません。 なので、NHKと契約する必要がそもそもありません。 NHKが「違う」というのなら裁判でもして確定判決を持ってくればいいだけの話です。 また、放送法には以下の定めがあります。 放送法第53条の9の2 「この法律の規定は、電気通信役務利用放送に該当する放送については、適用しない。」 するとNHKとの契約を定めた放送法32条1項も適用されませんね。 堂々と契約を断って大丈夫です。 もっともNHK集金人は外部委託の歩合制の雇われ人で、その辺の法律とか自分の所のNHK受信規約すらろくに知らずに、歩合欲しさに平気で嘘や詐欺行為、強迫行為をしてでも契約を取ろうとします。 従ってNHK集金人が来てもお相手する必要はありません。 今のご時世物騒ですから、知らない人間相手にドアを開けるなどもってのほかです。 ドアを開ける必要もなく、またTVの有無も言う必要もなく、インターフォンもしくはドアチェーン越しに、「契約はしませんのでお帰り下さい、文句あるなら裁判でも何でも受けてたちますよ」でいいのです。 明確に「帰れ」という意思表示後も居座るようなら刑法の不退去罪成立ですので、遠慮なく110番通報、警察に対処してもらいましょう。 普通は「しつこいと警察呼びますよ」とでも言えば退散するでしょう。

3人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

「受信機を廃止した」とNHKに届ければ、 それで自動的に解約が成立します。 ちなみに放送法上、「放送」とは無線のみで、 光やCATVなどの有線は受信機に入りません。

2

放送法32条(受信契約及び受信料) 1. 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。 2. 協会は、あらかじめ総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。 3. 協会は、第一項の契約の条項については、あらかじめ総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも同様とする。 放送法37条(収支予算、事業計画及び資金計画) 4 第32条第1項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料の月額は、国会が、第1項の収支予算を承認することによつて、定める。 まあ、そんな、かてぇこたぁ抜きにして、ケチケチしないで、払ってやれよ。 見るんだろ?……

2人がナイス!しています