ここから本文です

就職が決まらなかった学生が、翌年度も就職に有利な「新卒」で就職活動ができるよ...

tgskmhktmsさん

2010/3/1507:40:14

就職が決まらなかった学生が、翌年度も就職に有利な「新卒」で就職活動ができるように、卒業要件を満たしても在学させる「希望留年制度」を設けることについてどう思いますか?

閲覧数:
692
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/3/1508:13:22

歓迎したり、素晴らしい制度と評価する向きもありますが、最高学府のありようとしては、私個人は法的にとてもおかしいと思います。
第一、単位を取っても留年してるってことは、言い方は悪いが、大多数が「前年度の就職者の不良在庫」なわけで、翌年度はまっさらな新卒予定者が増えるわけです。

方や新製品、方や前年度の不良在庫・・・新卒の肩書だけで、前年度既卒者でいるより有利であるという、確固たる根拠なんかあるんでしょうか?

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tan********さん

2010/3/1509:04:12

内定取り消しと病気(就職活動まっ盛り)のみ認めて
後は出しちゃえばいいと思っています。

他の方も書いていますが、
わずかなお金の為に不良在庫を大学に残す方が
大学にとっても本人にとってもマイナスだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる