ここから本文です

水稲の発芽について教えて下さい

boar_hunter_2008さん

2010/3/2207:19:34

水稲の発芽について教えて下さい

発芽させる為に種籾を水に漬けて水分を含ませますが積算温度はどのように計るのでしょうか?
水温が15℃の場合で7日で105℃(15℃×7日)
水温が20℃だと5日で100℃(20℃×5日)
調べると上記にように書かれていましたが(日にちは様々のようですが)、1日のうちで気温が変わり水温も変わると思いますが皆さんはどのように水温を確認されておられますか?
永く漬けすぎると(15日ぐらい)問題ありますか?

閲覧数:
37,085
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/3/2211:29:42

①積算温度の計り方は、おっしゃるように、平均水温×日数です。

②催芽は積算気温100℃といわれており、水温が20℃だと5日で100℃(20℃×5日)というのはその通りです。そうかといって、私見では、25℃で4日では休眠打破の程度に個体差があります。10日間くらい漬けておかないと、発芽が揃わないように思います。

当地、北関東での、私の場合を申し上げれば、4月29日前後に種を播きますが、種子消毒を4月上旬にやり、風乾します。種を播く2週間前から催芽を始めます。4kgくらいづつに小分けした種子を40リットル入りのポリ容器に水を入れた中に1袋づつ漬け、日向に置きます。水は上の方が水温が高いので、袋は1日ごとにひっくり返します。水は3日ごとに換え、酸欠を防ぎます。普通はこの間に鳩胸状態になるので、鳩胸状態になったら物置の中に移し、それ以上芽が伸びないようにします。種まき3日前になっても芽ぎっていなければ、30℃くらいのお湯に夜12時に漬け、朝、様子を見て、芽ぎっていれば冷水に移し、芽ぎっていなければ、翌日も温湯に浸け、芽ぎったら冷水に浸け、播種までそのままで置きます。

実際には、10℃以下の水温でしたら、芽が動くことはないと思いますので、私は積算温度もさることながら、余裕を持って浸種をするのが第一かと思います。温湯に浸けるにも、1晩で芽を動かさないといけないと思えば、無理して高温に水に浸けてしまい、芽が伸びすぎるなどの失敗をします。

したがいまして、15日漬けたとしても、酸欠にしないように水を取り替えるとか、芽が動いた場合でも伸びすぎてしまわないようにできるなら、全く問題はないかと。むしろ発芽が揃うのでいいことです。浸種の目的は、所定の積算温度に遭遇させることではなく、催芽させることにあるわけですから、種の状況を観察することが大切で、1日の平均水温をどう算出するかにはこだわらなくていいと思います。

私は2回に分けて種を播きますが、1回目に余った種は、冷水に浸けておき、次の播種(4日後)に使います。それでも冷水に浸けておくと、この間は芽が動きません。

持ち運びできないよな大きな容器で大量に浸種するなら、ヒーターやエアレーション装置が必要ですが、育苗箱120枚くらいの私のような零細規模では、ポリバケツ作戦で間に合っています。

質問した人からのコメント

2010/3/24 10:39:41

降参 詳しく教えて下さったaishingyoropuiさん にBA
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hwrjt035さん

2010/3/2209:44:11

水温は屋内の日陰だとそれほど大きく変化しないと思います。
一番低い朝方と高い夕方に水温を測り平均するくらいでいいです。
100℃日くらいになると芽が動き出し、鳩胸状態になります。
それくらいで播種すると芽と根が健全に伸びます。
水の中に長く漬けておくと芽だけが伸長して、播種機等で播種するのに引っかかったり芽を折ったりと作業性が悪くなります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。