ここから本文です

蒙古斑(もうこはん)について たくさんあって濃い赤ちゃんとほとんどない赤ちゃ...

mar********さん

2010/3/2412:40:03

蒙古斑(もうこはん)について
たくさんあって濃い赤ちゃんとほとんどない赤ちゃんがいますが、
何で違いがあるのでしょうか。
そもそも蒙古斑って何であるの。

閲覧数:
1,502
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

my2********さん

2010/3/2617:14:30

何らかで読んだ説明によると、
蒙古班とは、それぞれが持つメラニン色素が赤ちゃんの薄い皮膚に透けて見えるものだそうです。白人はもともとメラニン色素が少ないため、見えないことが多いです。反対に、黒人は皮膚の色が濃いため、見えにくいのです。黄色人種は、メラニン色素の量と皮膚の色のコンビネーションが蒙古班を見せているということです。ですので、見えるか見えないかの違いはあれど、みんな蒙古班(したがって、メラニン色素)を持っているのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる