ここから本文です

何故に、歌舞伎役者の名前には「動物名」が多いのですか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

不破(求)道休 翁さん

2010/3/2601:01:24

何故に、歌舞伎役者の名前には「動物名」が多いのですか?

市川猿之助(サル)、市川海老蔵(エビ)、中村梅雀(スズメ)、尾上辰之助(竜)、市川亀治郎(カメ)、中村芝鶴(ツル)、中村獅童(獅子)などなど多数います。まぁ、全て歌舞伎役者の中では割合は多くないのかもしれませんが。。。

閲覧数:
1,285
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ht2********さん

2010/3/2616:35:29

芸能は物まねからきたものが多いため、歌舞伎の源流にある能もかつては「猿楽」と呼ばれました。歌舞伎の中村勘三郎ももとは「猿若勘三郎」でした。
歌舞伎は「物まね=猿」以外にもさまざまな芸能要素を含んでいますが、踊りの優雅さや、荒事の勇壮さや、チャリの滑稽さや、神仏ごとの恐ろしさを体現するのに動物はぴったりだと思います。八百万信仰をもつ日本人ならではの芸名ではないかと。(海外だって、タイガー・ウッズに虎の強さを感じていないはずはないと思いますが)

質問した人からのコメント

2010/3/27 19:15:50

成功 三人の方々、回答ありがとうございます。BAは悩みましたが、回答の仕方が個人的に好みだったこともあって、こちらを選びました。納得です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/3/2617:56:24

昔の人名には、かなり動物の名前が織り込まれています。
これは、まだ医学が進んでおらず、栄養状態も悪く、新生児の死亡率が高かった頃に、
たくましく、野生の生命力にあふれ、人間の及ばぬ能力を持った動物たちにあやかって付けられたものです。

ht2697680919さんの回答とも重複しますが、歌舞伎の芸事にも通じる、そういった「人知を超えた存在」に近づきたいという願いが込められているものと思われます。

参考になりましたら。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jyo********さん

2010/3/2614:31:29

どうなんでしょう。ただ 本名ではなく芸名みたいなものですし それもどんどんお名前が 出世魚のごとく替わってゆくので たまたまなのか 鶴とか亀 とか縁起が良い動物ですから好まれるのかもしれません。幼名から新之助→海老蔵→30年以上たてば市川団十郎になられるはずですし。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる