ここから本文です

個人による犬の繁殖について。

savoia_jrtさん

2010/3/3109:23:18

個人による犬の繁殖について。

犬の繁殖は素人(一般人)はするな、という意見をよく目にします。

もしも、それでも一般の愛犬家がブリーダーから購入した
自分の愛犬♀の繁殖をしたい!と、なったとき、
(その犬自体は健康であるという前提で)
最低限『これ』をやっておかなければダメだが、それをクリアすればOK、や
そもそもするべきではない(それはなぜか、理由も書いてくだされば幸いです)等
様々なご意見を伺いたく質問しました。

なお、繁殖を行う意図は一切なく単純に好奇心からの質問です。
どうぞ、みなさまの自由なご意見、宜しくお願いします。

閲覧数:
5,848
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/4/218:01:18

「そもそもするべきではない」です。

・この社会では犬が余って困っているから
・犬の健全性や性質が保てないから

…というのが主な理由です。

犬の繁殖には、法的な制限も一応はあります。動物愛護法の繁殖制限として、生まれてきた子犬に確実な引き取り手を確保できないと予測される場合には、飼い主には「飼い犬に避妊の管理を行う」ことが義務付けられています。同時に、子犬の販売や譲渡にも法的な制限(動物取扱業の登録)があるので、実はルールを守っていれば「家庭犬の繁殖」を行うというのは難しいことなんです。(ただ、明確な罰則を受ける基準が曖昧なので、実際に産ませても罰を受ける可能性は低いです。)

実際に「生まれた犬に飼い主が見つからない」とか「多頭飼育になってしつけが大変で近所から苦情が来た」なんて問題は珍しくありません。

不要とされてしまった犬の殺処分は、私たちの税金で行われています。そして、犬の数が余っている以上は、身近な家族が野犬に襲われる不安が無い社会を維持するために、余った犬を収容する施設の存在を否定することはできません。つまり、これらは社会全体の問題だということです。


>自分の愛犬♀の繁殖をしたい!となったとき
>(その犬自体は健康であるという前提で)

多くの犬種で生じている「遺伝性疾患」というのは、健康な親犬が隠し持って子孫に継承してしまうものや、ある程度成長してから発症するものも多く、繁殖しようとした段階で親犬が元気であるというだけでは、子孫に伝える健康問題を解決することができないのです。

そして多くの人が、犬の遺伝性疾患の発症が「極一部の珍しいこと」だと信じていますが、知恵袋に寄せられる質問を1週間も眺めていればその深刻さがどの程度なのかわかると思いますよ。一部の人気犬種なんて、アレルギー持ちが当たり前のような状況になっています。

純血種というのは、そもそも人が求める特徴を人為的な繁殖を繰り返して固定化した犬達であるために、遺伝子に偏りが生じて弱点が表面化しやすい状態になっています。だからこそ、血統書を発行することで系統を把握し、疾患の情報を含めての計画的な繁殖管理が求められてきたんですね。

自由恋愛をしている私たち人間に生じる「生まれつきの健康面のハンデ」は運命ですが、私たちが繁殖管理に関わることで生じてしまった「犬の遺伝性疾患」というのは、その多くが人の責任なんです。

日本でプロを名乗っている繁殖業者の多くも、健全性への配慮を適切に行っていることのほうが少ないですよ。…だから素人がやっても同じなのではなく、だからこそ素人が手を出すのはもっと危険ということです。…配慮の不足したプロが販売している犬で、さらに素人が繁殖をするという状態なんです。


補足します。(長々とすみません)

獣医師は出産の管理は学んでいても繁殖管理については専門家ではありません。(独自に学んでいらっしゃる獣医師も当然いますが)そもそも獣医師が適切に飼い主にリスクを伝えていれば、素人繁殖はこんなにも問題視される状況にはなりませんよ…。そしてブリーダーと名乗るのにも、繁殖管理への知識を問うような明確な審査はほとんどありませんから、肩書や立場だけで判断できるものではないということです。

犬の余っているこの社会で、生まれてくる犬が健康な体を持って社会に望まれる範囲の性質や容姿を持つように管理する場合、それに必要な知識や情報というのは、繁殖者の肩書や立場に関係なく同じように必要なものなんです。それは、「素人だから知らなかった」なんて場合も同じで、配慮の不足した繁殖を行うことが社会全体の不利益に繋がります。

他の誰かが問題のある管理をしているからと、自分もそれを行う理由にはなりません。少なくとも、知恵袋に繁殖に関して質問を寄せる程度の繁殖者は、健全性に配慮した繁殖管理を行えるだけの環境にありません。


お魚の話をされている回答者様がいらっしゃったので、またまた補足。(苦笑)
犬の繁殖管理で、生存できないほどの間引きが必要な状態を正常とは言いません。12頭生まれて12頭育つのが正常な犬の繁殖管理です。(そもそも哺乳動物は、生まれた頭数に対しての生存率は高めです。)

犬の場合、健常な子孫を残すための管理として「繁殖制限」という形で間引きを行うのが犬種の保存なんです。…つまり家庭に譲られるほとんどの犬は、愛好家が間引いた「繁殖制限」の対象犬なわけですよ。

質問した人からのコメント

2010/4/4 21:49:51

みなさま、様々なご意見をどうもありがとうございました。
もしも自分の身近な人が安易に犬を繁殖させようとしたときに
どのように説明するべきか、改めて考えてみたく質問させていただきました。
自分の頭の中にある意見とほぼ一致していると思った方をベストアンサーとさせていただきます。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/4/121:30:35

数種類のブリードを手がけています。
魚類から鳥類まで

繁殖することは、新たな命が誕生することを意味します。
また、ブリーダーとして、その命全てにおいて責任を持つ事となります。

たとえば・・・の話ですが、
エンゼルフィッシュやディスカスの様な、一度で数十匹、時には数百になる稚魚を全て管理することは到底不可能です。
(鳥類に於いても、セキセイインコや小桜になると、一度の産卵で5~8匹誕生します。犬も3~5匹前後ではないでしょうか・・・)
成長過程で、間引きも必要となってきます。
間引かれた子、つまりB級品固体は全て、大型肉食魚(アロワナやオスカー)の餌となります。

又、その全ての命において、完璧とは限りません。
中には、奇形や親近交配による先天性の病気を持った個体も含まれています。
(我が家でも、インコの奇形が生まれました。先天性の骨格異常で、足が内側に曲がり、止まり木に止まることは出来ません。又、小柄であり、羽ばたく事は出来ますが、飛ぶ事(上昇)は出来ません。滑空のみです。)
そのような固体は、もらい手はありません。
一生、自分で面倒を見るか、
冷凍庫に入れ、処分するか。
2択です。
(我が家では一生面倒を見ます。それがブリーダーとしての責任でもあります。)

そのような現実に直面したとき
貴方は処分することはできますか?

そういう面で、素人の方が繁殖をすることに対し、世間の目は冷たいのだと思います。
(勿論、健常に生まれてきても出産数が多い場合、もらい手が無い場合もあります。)

繁殖をするのであれば、その前にもらい手を探しておくことも重要になってきます。

cottonribbonさん

編集あり2010/4/115:29:41

一番の基本は、生まれてきた生命たちの生涯にきちんと責任が持てるのであれば、いいのではないかな。
何頭生まれても、障害や病気を持った子もすべてに。
あとは、いいことばかりではなく、そうでない事が起こることも想定されることすべてよく考えて、しっかりと細かい事まで勉強をして、ちゃんと覚悟を決めて、
衝動や思いつきからでなく、本当に良かれと判断したのであれば。


その犬種を愛し研究し保護育成しているブリーダーさんと、金銭目的でひどい飼い方や無茶な繁殖をする繁殖屋(エセブリーダー)、区別したいですね。

zzjyneyさん

編集あり2010/4/102:39:13

素人繁殖が正しいとなると、皆繁殖する!その方が安上がりだし!
するとどうなる?
奇形だらけだ! 30万頭どころじゃなくなる! 現実処分されてる犬の殆どは素人繁殖で生まれた雑種だし!

理由はあれこれあるけど、愛犬家はハッキリ、Yes か No のどっちかで良いんじゃねぇ!

あれこれ説明してもキリがない!

殺処分頭数が昔より減ったのは、犬を畜生扱いしてた奴等が死んで、保護団体が増えたからだと思う!

とにかく愛犬家はYesも理解できるが、母犬が危険だからNo!じゃなくて、素人繁殖する奴は飼い主として適してないとハッキリ言うべきだ!


↓ 愛犬の子孫を残したいと願う気持ちで疾患だらけの仔犬生ませるより、金儲けでも健康な仔犬生ませる方が良いんじゃねぇか?
一番良いのは愛犬の子孫を残したいと願う気持ちで健康な子孫を生ませる事。その為には何が必要か?
学習して知識と技術があったら素人って言わない!

>母体に危険が及んだ出産や、死産、奇形や障害類は表に出ることなく処分され・・・・・
表に出てないのに何で知ってる!
そう言う繁殖屋が近くにいるんなら何とかしないとダメだ!

東大、麻布大、の繁殖やドッグショー、フードメーカーに関わる一部のトップクラスは別にして、獣医は犬猫の病気のプロで繁殖のプロじゃない!

編集あり2010/4/101:51:34

仔犬が欲しければブリーダーから迎えればいいと軽々しく言うけど、
ブリーダーなら出産のリスクも少なく優良な仔犬が産まれる?獣医でもないのに?


そりゃあ 母体に危険が及んだ出産や、死産、奇形や障害類は表に出ることなく処分され健康な仔犬だけを商品として出荷してるから評判はいいだろう。

しかも、生後3日しか経たない仔犬の尻尾を「痛みが少ないからどーぞ」とでも言ったのか!?平気ちょん切るのもブリーダー…

お金儲けで子供を産ませている人間と
愛犬の子孫を残したいと願う気持ち
端から見ると後者が勝つよね。

yykkykkeさん

2010/3/3118:58:53

最初の回答にもありますけど、この手の相談や投げかけは時々あります。
新規に投げかける必要性はあまり感じません。

どんなに事前に獣医の元で健康チェックしたり、
繁殖させる犬同士の先祖の関係性を照らし合わせて見て
問題がなさそうだと獣医が言っても、
繁殖した後どうなるかなんてわかりっこないです。
ブリーダーは、繁殖経験が豊富だからそういったリスクを抑えられるかもしれませんが、
素人がそこまで出来るわけありません、危険すぎるのです。

繁殖に興味がある方は、
回答者みなさんが警鐘を鳴らしているのを率直に受け止める事です。
不幸を作り出すかもしれない機会をわざわざ設けるのは愚かなことです。
子犬が欲しければブリーダから手に入れればいいのです。
至極簡単なことだと思いませんか?
自分の犬の子供が見たいとかなんて、飼い主のエゴですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。