ここから本文です

連帯保証人は契約者本人ではないから、契約内容についての争いに関して契約者本人...

koj********さん

2010/4/921:31:30

連帯保証人は契約者本人ではないから、契約内容についての争いに関して契約者本人を代理する権限は無いはずですが、
連帯保証人に契約者本人代理権限がある理由は何ですか?

補足連帯保証人は、連帯保証人に本来的に備わっている本人代理権限で、本人に無断で契約内容を変更できるのですか?

閲覧数:
1,079
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/4/1000:09:44

先ず、連帯保証人にとは、保証人が債務者と連帯して債務と責任を負い、双方に生じた事由が互いに影響を及ぼす一心同体の関係になります。
これに関して定めた民法第3節連帯債務の第434条から440条までと454条458条をよく見てください。
その435条には、連帯債務者(一心同体)が契約の変更をした時は、変更以前のものは消滅する旨定められています。
更に、連帯保証人には催告(債務者に対して義務の履行をするように請求すること)、検索(必要な事柄を探し、債務者に支払いをせよと主張する権利)の抗弁権(請求を拒絶する権利)は無いこと「民法454条」が定められており、商法では商事債務は連帯保証と規定されています。(商法第511条)

つまり、連帯保証人になると債務者と一心同体ですから、契約後に双方が行った行為には共同責任があり、雁字搦めの世界に入ったと言うことです。

質問した人からのコメント

2010/4/10 09:14:08

会社の独身寮などは、会社が家主や不動産会社と不動産賃貸借契約を締結して入寮者が会社の連帯保証人になるそうですが、
連帯保証人である入寮者(従業員)は契約者である会社と同等の契約上の地位にあって当該不動産賃貸借契約を会社に無断で解約できるのですか?
契約を原因とする債務を連帯保証しているだけではないのですか?
質問の意味が上手く伝わっていないようですが。
ご回答ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nag********さん

2010/4/921:44:42

連帯保証人は契約者本人ではなくても本人という法律ですから、仕方ないのです。カッコつけて連帯保証人になるのがおバカさんなのです!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる