ここから本文です

シマトネリコを地植えしたいのですが、マサ土だと根がはらないのでバーク堆肥とマ...

wxy********さん

2010/4/1100:42:55

シマトネリコを地植えしたいのですが、マサ土だと根がはらないのでバーク堆肥とマサ土を混ぜて植えるように花屋さんから教わりました。 肥料や水やりは、どのようにしたらいいでしょうか?

まったくの素人なので よろしくお願いします。 ちなみに樹高は70㎝くらいです。

閲覧数:
16,026
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/4/1703:30:31

植え方は、
1 地面に、根鉢(土付きの根)の寸法(直径×高さ)より20~30cm程度大きな穴(植え穴)を掘ります。
2 堀上げた土(マサ土)と、重量比で2割程度のバーク堆肥をよく混ぜます。
3 植木鉢やポットなどから根鉢を抜きます。(根巻きの場合は、根の土が脱落しないように根巻き材をはずす)
4 地面と根鉢の頂部が同程度の高さなるまで、植え穴を2の土で埋め戻します。
5 その上に、植え穴と根鉢の隙間が同程度になるように根鉢を置き、その隙間に根鉢の頂部まで残りの2の土を埋め戻します。根鉢が安定するように手で押して締め固めますが、極端に強く押してはいけません。
6 残った2の土で、水が流れ出さないように植え穴の外側に土手を作ります。もし2の土が残っていなかったら、周囲の土をかき寄せて土手を作ります。
7 土手が崩れないように、時間をおいて小分けにしてたっぷり水やりを行います。
8 1日以上経ってから、土手にしていた土を均します。根鉢やその周りが凹んでいることがありますが、そこにも周囲の地面と同じくらい(高めでもOK)の高さに土を均します。

前置きが長くなりましたが、
植える時期は真夏でも構いませんが、真夏までに生育を安定させて秋までに良好な状態にするには、ゴールデンウイーク前後が最適期です。
この時期に植えた場合は、真夏の日差しが強く土が極端に乾燥したとき以外は、水やり不要です。
植え付け後の弱い時期の肥料負けを避けるため、バーク堆肥に少量の肥料分は含まれているので、これで十分です。
9月になったら、有機配合肥料(ホームセンターなどに有り、施肥量は梱包材に記載あり)を施します。
その後は、1年に1回程度上記と同じ時期に施しますが、大きくしたくない(生育環境が良いと10m近くになる場合有り)のなら施肥は不要です。
寒冷地でしたら、最初の2~3年は寒さで枯れる場合があります。この場合は寒さ(霜)除けが必要です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる