ここから本文です

山田といえば太郎・花子というのが浮かびますよね。また書類の書き方の説明書にも"...

ste********さん

2010/4/1116:11:23

山田といえば太郎・花子というのが浮かびますよね。また書類の書き方の説明書にも"○○(会社名)太郎"、"○○(会社名)花子"などもありますし。

これって何でですか?何故このように定着したんでしょうか?

閲覧数:
209
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hat********さん

2010/4/1117:46:06

「山田」も「太郎」も「花子」も、ともに日本人の名としてはよくあるからでしょう。

英語のジョン・スミス、ロシア語のイワン・イワノヴィッチ・イワノフなども同じです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる