ここから本文です

蛍光灯の名前に3波長形とついた物があるのですが、一般の昼白色の蛍光灯と違うので...

hirosimaaozakiminamiさん

2010/4/1214:09:04

蛍光灯の名前に3波長形とついた物があるのですが、一般の昼白色の蛍光灯と違うのでしょうか。

閲覧数:
70,884
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2010/4/1310:39:53

両者の仕組みは全く同じなのですが、管内部に塗られた蛍光物質に違いがあり、得られる効果も違います。

蛍光管は、管内部に塗られた蛍光物質に紫外線を当てて発光させます。
この蛍光物質を変えることで、昼光色、昼白色、白色、電球色などの【発光色】を変える事ができます。

三波長型蛍光管は、蛍光物質に希土類蛍光体という特殊な物を利用する事で、一般的な蛍光管よりも色の三原色(青・緑・赤)の三波長域が強調された光を発します。
これら三波長は、人の目が最も認識しやすい波長なので、同じ照度でも明るく感じ、色味をより自然なものにする事ができます。
もちろん三波長型蛍光管でも、蛍光物質を調整する事で、発光色を変える事ができます。
良い事ずくめなのですが、価格が若干高めなのが玉に瑕となっています。

質問した人からのコメント

2010/4/19 09:25:07

御回答ありがとうございました。大変参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

singouki0さん

2010/4/1217:44:03

普通形の蛍光灯の長所です。工場などで使用されます。
・値段が低いため入手しやすい
普通形の蛍光灯の短所です。
・演色性が悪い(簡単に言うと色の見え方が悪い)
・蛍光灯の中では明るさは暗い方である
・寿命はあまり長くない
3波長形の蛍光灯の長所です。家庭・施設など多くの場所で使用されます。
・蛍光灯の中では結構明るい
・演色性が良い(簡単に言うと色の見え方が良い)
・長寿命である
3波長形の蛍光灯の短所です。
・値段が普通形よりも高い

2010/4/1217:31:09

●一波長型
コストパフォーマンスに優れる
明るさ、演色性に劣る
(オフィスや工場に向いています)

●三波長型
明るい、演色性が良い
(ショールームや店舗に向いています)

jirouta55さん

2010/4/1217:29:13

3波長形は、光の3原色(青、赤、緑)の波長を強調して、ものがより自然に見える形にした蛍光灯です。良く、日中(太陽光の下)と蛍光灯の下で、洋服の色が違って見えたりしませんか?あれを極力抑えるのが本来の目的です。寿命や、消費電力は通常タイプと大差ありません。ガセネタにご注意ください。通常の蛍光灯は、太陽光よりどうしてもものが青みに見えてしまうので、たとえば食品スーパーなどのディスプレイ用には、このタイプの蛍光灯を好んで使うことが多いです。(おいしそうにみえるため)

tnfjb243さん

2010/4/1214:17:14

違いは

寿命8倍 電気代5/1 発熱量5/1

ナショナルの場合です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。