ここから本文です

なぜ4月は電車が混むのでしょうか? 毎年4月が朝の通勤時間に電車が遅れます。 ...

jfjfiroboさん

2010/4/1608:12:49

なぜ4月は電車が混むのでしょうか?
毎年4月が朝の通勤時間に電車が遅れます。
そして5月も終わりになればある程度落ち着きます。

4月に新社会人や新入生が電車を使うようになるから遅れる、という理由なら
その分、退職や卒業する人もいて総数はあまり変わらないはずだし
ラッシュに乗り慣れてない人がいてもここまで遅れませんよね?

4月だけ特に混むという点も疑問が残ります。

何故なのでしょうか?

閲覧数:
10,456
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

toncunさん

2010/4/1608:39:34

新社会人が4月の間は本社研修とかで東京に集まるからでしょう。慣れない人の乗降は一ヶ所に固まるので、乗降時間が長くなります。

あと卒業してもそのまま入学や就職になるでしょうから総数的にはやはり4月は多いのではないでしょうかね・・・・・・

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

saerukanaさん

2010/4/1610:15:26

乗り慣れてないので、奥まで詰めない人が多いです。
乗換駅でどっちのドアが開くかわからない、どれだけ混むかわからないので迂闊に奥へは行けない、そんな心境でしょう。学生時代と違い、乗り越して遅刻したら、怒られるだけじゃ済まない場合もありますからね〜。数ヶ月で落ち着くのは、時差通勤や、効率のいい乗換駅の知恵などが身に付く等の他に…、付いていけず会社やめちゃう人が…2割くらいいるんだとか…。

torimatidukiさん

2010/4/1609:52:41

単に慣れの問題です。どの地方も4月は混みますね。
パーソナル・スペース(必要以上に近づかれたくない空間)は知らない相手の場合、75センチほどといわれています。親しい知人で15~45センチ。それ以下は恋人など、限られて相手でないと非常に不快に感じます。
満員電車の密着距離は、非常に不快に難じる距離なのです。
・男女のパーソナルスペースは異なり、男性のそれは女性より大きい
・男性のほうが活動水準が高く、女性より広い空間を必要とする
・男性同士はお互いに接近して生活するのを嫌い、女性はそれを好む傾向がある
・男性の方が混み合った場所に入るとイライラしやすい
とも言われています。
毎日通勤電車に乗る事でパーソナル・スペースは狭くなります。感覚を閉じて不快感を感じないように調整するのです。
長期休暇(夏期休み・冬期休み)の後、普段より込むように感じるのはこの事と関係しています。
4月も一緒で、2月・3月の卒業・退職の影響で人が少なくなった車内で広がったパーソナル・スペースが戻っていないのです。
又新社会人・新入生は電車に慣れていないので乗降に手間取りますし、車内での他者との間隔を広めに取る傾向があります。
こうした理由で4月は特に込むと言われています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。