ここから本文です

相手側の保険会社の対応:過失割合で揉めています

xen********さん

2010/4/1610:10:35

相手側の保険会社の対応:過失割合で揉めています

二ヶ月前に交通事故(物損)に合いました。

【事故状況】
私が直進中、左側駐車場から発進してきた車に当てられました。
相手の車が駐車場にあり、車道に出るまでは歩道を横切らないといけません。

【衝突箇所】
私→左リアバンパー(後部からでもキズが見える)+左リアホイール(タイヤ)
相手→右フロントバンパー
衝突箇所から分かるとおり、私が通り過ぎようとしたときに衝突しました。

私側の保険会社(A)は衝突箇所(状況)を加味すれば、
《私:相手=10:90》と言っています。

相手側の保険会社(M)は、
《私:相手=20:80》と言っています。

これでは納得できなかったので、
Mの担当者に『過失割合の根拠は?』と尋ねたところ、
『判例タイムズに則りそう決めた。それ以上でもそれ以下でもない』
とのことでした。明確な根拠が聞けませんでした。

私側から見た相手の過失は、
1.発進時に徐行なし
2.前方(右方)不注意
→相手は気付いたら私の車が前にあり避けられなかったと言っていました。

これでも《私:相手=20:80》というMの主張する過失割合はおかしいですよね?

似たような事故を経験した、過失割合に詳しい方のご意見をお待ちしております。

閲覧数:
22,946
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abc********さん

編集あり2010/4/1612:39:32

勘違いしている人が多いのですが、過失を決めるのは、当事者でも保険会社でもありません。
決定できるのは、裁判だけです。しかし、一々裁判をしていたら、時間も金もかかってしまいます。また、裁判の判決は、過去の判例を基に出されます。

一方、裁判に頼らず解決する方法を「示談」と言います。保険会社は、裁判同様過去の判例から過失を出し、示談に向けて交渉をします。保険会社には過失の決定権は無く、お互いの保険会社・当事者が納得しなければ、示談とはなりません。

そして、保険会社が参考にしているのが、『判例タイムズ』です。『判例タイムズ』には、過去の判例を基にした過失割合が掲載されています。その中には、お互いが動いていても【0:100】になる事例は多々あります。この辺も、「お互いが動いていたら…」なんて言ってるバカ回答者が後を絶ちません。

質問を見る限り、質問者さんはここまで理解はされているようですね。訳の分からない回答が付いていたので、余計なことを回答してみました。




ここから本題ですが、基本的には、衝突箇所により過失の修正は行いません。
質問者さんの言っている徐行の修正ですが、判例タイムズで言っている道交法上の徐行とは異なります。駐車場から著しく加速してきて道路に侵入してきた場合に採用となります。徐行なしの修正は難しいかと思います。

また、衝突箇所による修正を行わないのを「基本的に」と書いたのは、質問者さんの考えの2番、著しい前方不注視の証拠となる場合があるためです。
相手がわき見等認めない限り、質問者さんが立証しなければ、修正は困難となりますが、どうしても【10:90】にしたいという事であれば、そこから修正を求めるしかありません。



まずは、相手に「どうして出てきてしまったのか?」を問い詰めます。質問者さんの後部に衝突していることから、「目測を誤った。」とか「質問者さんが予想以上にスピードを出していた」といった理由は当てはまりません。

「目測を誤った」ということであれば、質問者さんの後部に衝突するには、かなりの見当違いということになります。これ程の見当違いであれば、著しい過失の主張でもいいかと思います。

「予想以上にスピードが出ていた」ということであれば、普通に走行していたら、質問者さんが通り過ぎる直前を塞ぐようなタイミングで出てこようとしていた事になります。これこそ、故意に事故を起こそうとしているようにしか思えず、こんな言い訳をしてくるなら、【0:100】主張に切り替えてもいいと思います。

「質問者さんの車を全く見ていなかった」
これならば、後部に衝突してきた事にも納得がいきます。これは、著しい前方不注視として、著しい過失の修正を行います。




保険会社は、支払いたくないから自分の会社の都合のいいようにしているのではなく、契約者が言っていることを信じるしかないのです。素人回答者が勝手に言いたい事言ってますが、ハッキリ言ってムカつきます。

今回の場合も、相手の運転者が、「質問者さんの車を全く見ていなかった」と証言すれば、相手保険会社もその事実を認めざるを得なくなります。そうすれば、【10:90】にグンと近づきます。

相手保険会社がダメなら、運転者から切り崩しましょう。
質問者さんの保険会社は、相手の保険会社としか話せないと思います。お互いの保険会社はプロであるため、ある程度のルールを持って交渉しています。質問者さんは素人ですので、多少の事は許されます。質問者さんが相手当事者に「全く見ていなかった事」を証言させてもいいかもしれません。

ただし、威圧的に求めると恐喝になります。「保険会社に、全く私の車を見ていなかったという、真実を話してください。」程度で話を持ちかけてみてください。

質問した人からのコメント

2010/4/20 20:51:03

降参 皆様多方面からの意見・見解ありがとうございました。
BAは一番勉強になったabc1232050624さんを選びました。
未だ示談には至っておりませんが、納得いく形で終わらせたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qfp********さん

2010/4/1820:40:10

自分は停車中に左側駐車場から発進してきた車に当てられました。
自分は0:100主張。相手は走行を主張(訳分からん)で相手の保険会社も停車状態を認めず・・。
結局15:85になりました。めんどくさいし修理も出来ないのでそれで飲みましたよ。

そんなことはさておき

基本は20:80です。
相手の提示する過失割合と根拠については間違いありません。
あなたの主張の場合はご自身側の保険会社では状況を加味されてそのような過失割合となるでしょうね。

ですから両方とも正しいです。
どちらが先に譲歩するかということですね。示談がが終わらないと双方賠償金は支払われません。

さて修理は車両保険を使われますか?
使われる場合は相手からの賠償金から免責に充てられるので、賠償金が免責額を超えてれば負担金ゼロとなり過失割合に拘る必要はなくなります。
保険料は翌年から上がりますが相手に支払われる賠償金で保険を使ってしまっているのでどちらにせよ避けられません。また事故1件で扱われるので重複して等級が下がることもありません。

自分の場合は保険も20等級で上記の理由で被害が最小限に抑えられたので(0:100だと保険料アップのないのですが・・・)
折れましたけど・・・
(粘って主張しても認めなかったでしょう。保険屋とはそんなもんです。時間の無駄)

以上参考になれば幸いです。

jog********さん

2010/4/1615:27:02

>明確な根拠が聞けませんでした。
判例タイムズに記載されているというのが、根拠です。では反対に質問者さんが1:9とされる根拠は何でしょうか?ということですね。
判例タイムズで1:9となっているとしたら、今頃すでに合意できているはずです。第三者からは「質問者さんが駄々をこねているから合意ができない」と判断できます。根拠(裏付け)のない意見は、反論とかいったものではなく単に「駄々をこねてる」ということです。

sam********さん

2010/4/1610:56:45

この手の回答には動いていたら過失が付くという都市伝説を頑なに信じている回答者がいますが間違いです。本件事故においては相手方が貴方の車に気づいていなかったと証言しています、貴方の保険屋の見解通り10:90が妥当でしょうね。相手担当者には加害者の証言と接触箇所から鑑み、加害者の著しい前方不注意の10%加算で10:90判例タイムスを基に算出、それ以上でも以下でもないと言ってやりましょう(笑)

hir********さん

2010/4/1610:42:32

かなり以前に少し違いますが同じ感じの事故をしました。
過失割合はやはり色々な意見がありますが、それくらいの違いであれば後は元請けの保険会社の力具合など(担当者の力量)が最終的に関係してきます。
どこの保険会社もお金を出したくないですから自社の都合でしか意見を言いません。
あなたからあなたの保険会社(代理店であれば代理店)に強く希望を言ったほうがいいと思います。

rb2********さん

2010/4/1610:29:17

まず、Yahoo知恵袋で色々と聞かれても賛否両論に分かれると思うので
どれが正解というのは無いと思いますよ。
一応私が過去あったもらい事故からの経験から話させて頂くと。。。
お互い車が動いている状態だった(話の筋で行くと・・・)という事は
警察の実況見分からも過失割合は20:80でもおかしくないかもしれません。
(停止していれば0:100もありますが、少しでも動いていれば過失は
その状況に応じて変動してくるようです)
というのは、車両が動いているという事は運転者であるあなたにも予測が出来
回避できたであろうというのが警察などの見解になるようです。とは言え、保険の
割り合をだすのは保険屋ですし、相手方とあなた側の話し合いは当然保険屋の
話し合いですから、逆に私はこうだったとか相手がこうだったというのは避けるべき
だと思います。現状でこうだったと言っていて、後から付け足すような話をして
しまうと以前と違うという話にもなりかねなく、また保険支払いが延期になって
しまうので、保険屋にお任せしていくしか無いと思います。
どうしても・・納得いかない場合は、警察に行って事故処理の報告書を貰い
自分の保険屋に提出して相手方に過失割合を納得してもらうように自分の
保険屋から話を通してもらうしかないと思いますよ。
参考になれば幸いです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる