ここから本文です

個人事業を廃業しました 廃業後、屋号も変えずに知人に店舗名義のみ変えました。 ...

dar********さん

2010/4/1811:13:45

個人事業を廃業しました
廃業後、屋号も変えずに知人に店舗名義のみ変えました。
節税の為、廃業後でも今年の確定申告までは経費を使ってもいいのでしょうか?

店舗は現在も知人が営業しています。

現在私はサラリーマンで給与所得です。
廃業届けは出していません。知人も開業届けを出していません
飲食店の現金収入です
疑問は売り上げも無いのに店名義で領収証をもらって経費で処理できるんでしょうか?

閲覧数:
708
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sya********さん

2010/4/1811:45:53

収益を得るために直接要した費用が経費となりますので、店の廃業に要した費用なら経費になります。

それ以外だと否認されると思います。店舗名義を換えたということですが、設備を売却したなら確定申告時に売却損益の計上が必要となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zwq********さん

2010/4/1819:24:22

税務は名義や名目よりも実態で判断することを眼目にしているので、貴殿の商売にかかったコストだといえるものなら経費として認められると思います。

それはそれとして、屋号(商号)を引き継がせると、商法の規定で、その知人の方が負った債務のとばっちりを受けるハメになるかもしれませんから、気をつけたほうがいいですよ。
→オーナーが変わったことを世間の人は知らないでしょうし、あえて知らせたくないから屋号を引き継がせたんでしょうから当然「誤認」しますよ

(自己の商号の使用を他人に許諾した商人の責任)
第十四条 自己の商号を使用して営業又は事業を行うことを他人に許諾した商人は、当該商人が当該営業を行うものと誤認して当該他人と取引をした者に対し、当該他人と連帯して、当該取引によって生じた債務を弁済する責任を負う。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる