交通事故、いわゆる「道路外出入車と直進車」の事故の過失割合について

交通事故、いわゆる「道路外出入車と直進車」の事故の過失割合について 自車が直進中、前方左側の駐車場から相手の車が出て来て、道路手前で一時停止をしていたので、徐行をしながら相手の車の前を通過していたら、相手の車が急に発進し、自車の左後方タイヤハウス上部とバンパーの横をぶつけられました。 私の視界から相手の車は消え、相手の前を通り過ぎている際にぶつけられており、こちらは何が起きたのかもわかりませんでした・・・。 ネットなどで過失割合などを調べると、おおむね80:20となっておりますが、状況として考えると、どうも腑に落ちません。 交通事故で、完全に後方からの追突事故以外は、100:0という過失割合には、ならないのでしょうか?

交通事故8,276閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

4

そんな事はありません。 信号無視、センターラインオーバー等は、基本過失が【100:0】です。 Uターンと直進車の事故でも、基本は【80:20】ですが、Uターン禁止場所だと20%の修正をし【100:0】となります。 今回の事故は、『判例タイムズ』の『路外から道路に進入する車両と、直進車との事故の過失割合』を採用、 【質問者さん】20:80【相手】が基本過失となります。 A:質問者さん B:相手 とすると、修正要素は下記の通りです。 B徐行なし -10 幹線道路 -5 Bその他の著しい過失 -10 Bの重過失 -20 B頭を出して待機 +10 B既右折 +10 A15km以上の速度違反 +10 A30km以上の速度違反 +20 Aゼブラゾーン進行 +10~20 Aその他の著しい過失 +10 Aの重過失 +20 プラス・マイナスは質問者さんを中心に行います。 基本的には、衝突箇所による修正は行いません。しかし、後部に衝突していることから、相手の著しい前方不注視があったことを証明できれば、著しい過失の修正が可能です。 まずは、相手に「どうして出てきてしまったのか?」を確認します。質問者さんの後部に衝突していることから、「目測を誤った。」とか「質問者さんが予想以上にスピードを出していた」といった理由は当てはまりません。 「目測を誤った」ということであれば、質問者さんの側面や後部に衝突するには、かなりの見当違いということになります。相手が出てきたところに質問者さんが突っ込んでしまった事故なら、この言い訳が通用しますが…。これ程の見当違いであれば、著しい過失の主張でもいいかと思います。 「予想以上にスピードが出ていた」ということであれば、普通に走行していたら、質問者さんが通り過ぎる直前を塞ぐようなタイミングで出てこようとしていた事になります。これこそ、故意に事故を起こそうとしているようにしか思えず、こんな言い訳をしてくるなら、「故意に飛び出してきたのか?」と問い詰めてもいいと思います。 「質問者さんの車を全く見ていなかった」 これならば、後部に衝突してきた事にも納得がいきます。これは、著しい前方不注視として、著しい過失の修正を行います。 徐行なしは、すぐに止まれる速度ということではなく、著しく加速して出てくることを指します。 急発進ならば、これに当たります。 しかしながら、相手が認めなければ水掛け論となります。 もし、【0:100】にしたいのであれば、質問者さんの保険会社は間に入れず、相手(保険会社)と直接交渉になります。 上記修正要素から20%の修正を見出し【0:100】で交渉するのか、少しでも過失を認め、保険会社に間に入ってもらい、なるべく自分が有利になるように保険会社に交渉してもらうのか…。 質問者さん自身でお考えください。

4人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

*基本過失80:20です。 *双方の主張のにより85:15前後になる可能性はあります。 *今回の場合は100:0にはなりません。 過失割合に関して他の件でも色々意見されていますが、現実としては保険会社が提示する割合で折れる以外ありません。 腑に落ちないのはよくわかりますが致し方のないことです。 自分も先月同じような状況で被害に遭いました。

0

基本的に動いてる車同士の事故はどちらにも過失があることになると聞きました。 私は、過失なしになった時がありましたが、、、(目撃者がいてくれたおかげでしょうか) 事故を見てた方はいますか?? でもその事故の説明だと私も腑に落ちないですね。あなたは悪くないですもん!