ここから本文です

金縛りという現象は人類始まって以来のものと思いますが、その存在はどのように受...

con********さん

2010/4/2317:09:13

金縛りという現象は人類始まって以来のものと思いますが、その存在はどのように受け止められていたのでしょうか?
古い文章に金縛りに関する記述があるなどするなら是非読んでみたいです。
心当たりある方はいらっしゃいますか?教えて下さい。

閲覧数:
152
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuy********さん

編集あり2010/4/2401:21:58

金縛りは、医学的には睡眠まひと言い、寝入りばなや眠りから目覚めようとしているときに起きやすい。意識がしっかりしているのに体の自由が利かず、声を出そうとしても出ない。「体が浮き上がった」「胸に何かが乗っている」といった感覚を伴うこともある。
夜、眠っているときは、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返している。夢を見るのはレム睡眠の間で、金縛りはレム睡眠と関係がある。
レム睡眠では、ある程度脳が働いており、眼球は物を見ているように活発に動いている。だが、脳からの「動け」という指令は、体の筋肉(眼球を動かす筋肉と呼吸筋を除く)に伝わらないように遮断されている。従って、夢の中で体を動かしたと思っても、実際には体は動いていない。 コピーです↑
ここからは自分の考えです昔の人は金縛り避けとして小刀を懐に忍ばせたり、枕元に置いたりしていたそうです。その流れでハサミやナイフを枕元に置くと良いというアドバイスが今でもあるそうです! 参考になればいいです!!
★富士山★

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる