ここから本文です

「水戸黄門」で「光圀が老人」「諸国漫遊」「毎回印篭」は必要でしょうか?

kom********さん

2010/4/2403:00:18

「水戸黄門」で「光圀が老人」「諸国漫遊」「毎回印篭」は必要でしょうか?

「水戸黄門」で「光圀が老人、隠居」「関東の外へ行く、東北または九州まで諸国漫遊」「毎回印篭を出す」というお決まりのパターンは必要でしょうか?

大河ドラマなど、史実と違うことが批判されていますが、「水戸黄門」を史実に近づけようとした石坂浩二版が余り評価されないのはなぜなのか。むしろ印篭など毎回出す方が不自然で、あれを省いて全国旅行もやめてしまえばいい気がします。

史実では光圀は関東からほとんど出ていないので、北は白河まで、南は鎌倉か箱根、熱海までという形にして、印篭など見せずに旅をする話でもいいはずです。

また、なぜ光圀が隠居の時代だけを描くのか。
光圀は数え年34歳で藩主になり、63歳で隠居、73歳で亡くなりました。
すると、光圀の少年時代、青年時代だけでもいくらでもドラマが創れるはずです。

光圀が若かった頃、3代将軍家光と4代家綱の時代を舞台に、若き光圀が活躍する話をパナソニックドラマシアターで描けば、ちょうど「江戸を斬る 梓右近隠密帖」や「長七郎天下御免」の主人公を青年時代の光圀に置き換えたものになり、いくらでも作品ができるはずです。

閲覧数:
543
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

胡椒鶏 さん

2010/4/2508:27:41

水戸光圀の若い時代をドラマにするならそれはそれでも良いのかもしれませんが、
しかし「水戸黄門」のタイトルやおなじみの主題歌などは使わず、可能なら番組の放送枠自体も変えて、
完全に別のドラマとして作るしか、視聴者に受け入れて貰える方法はありませんね。

水戸黄門は既に、あの「マンネリ感」こそがなくてはならないものなんです。
番組を支えている視聴者のお年寄り達はそれを楽しみに見ているのですから。

質問した人からのコメント

2010/4/30 11:08:45

お年寄りがあの番組を固定化させている張本人、マンネリの元凶とも言えますかね。毎回印篭を見たがるのは日本の民主主義の敗北ということに日本の老人たちは気づかないんでしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

自由人さん

2010/4/2800:27:44

かなり前は、印籠を出さなかったときもあったようですが、視聴者より
「なぜ印籠がでないのか?」と問い合わせ(クレーム)が多かったようです。
水戸黄門に関していえば、勧善懲悪のマンネリが人気の秘密でもある
とのことです。由美かおるさんの入浴シーンも同じことでしょう。
個人的には私も石坂浩二さんバージョンの水戸黄門は大好きでした。

hon********さん

2010/4/2403:39:01

お年を召した方に好評なのは、まさにそこです。

「起承転結」がハッキリしている、毎回問題が起きて悪者がはっきりしている、殺陣シーンがあり印籠登場、めでたしめでたしで次の旅へ…の「お決まりパターン」のほうが、安心して見れるらしいです。

また、黄門様一行がイロイロな土地や宿場に行くと、見ているおじいちゃん達の住んでいる地名(昔の呼び方ですが)が出てくると嬉しいみたいですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる