ここから本文です

日蓮正宗、宗祖は釈迦に代わって仏になった、現代の仏様ということですが お釈迦...

goz********さん

2010/4/2910:40:10

日蓮正宗、宗祖は釈迦に代わって仏になった、現代の仏様ということですが
お釈迦様が、日蓮、後はお前に任せたよといったわけです。しかし血脈附法の日蓮正宗でもそれは、無理、ですが、日蓮の相承は経巻相承と言うの

だそうすね。日蓮仏法は開山上人日興上人に受け継がれ、以後、器から器へ水が移されるように、一滴もこぼれることなく受け継がれてきたという、奇跡、が続いてきたわけですが、もしこれをギネスに登録してみようとしたら、仏であることの証明、代々途切れることがなっかたという証明は、どうしたらいいのでしょうか。

補足失礼しました、これにて終了します。取り消し、も考えましたが投票にします。

閲覧数:
546
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/4/2919:23:06

日蓮正宗の「唯授一人血脈相承」という秘法密法の相伝が宗祖日蓮・派祖日興以来、連綿と「法水瀉瓶」されて来た「奇跡」のような御話を『ギネスBOOK』に登録するには、先ずは日蓮正宗自身が、その根拠となる「血脈抄」(『百六箇抄』『本因妙抄』)が日蓮真撰である事を自ら証明しなければなりません。

また「血脈の次第 日蓮日興」と書かれた『身延相承書』と「釈尊五十年の説法白蓮阿闍梨日興に相承す」と書かれた『池上相承書』の原本が確かに実在した旨を歴史的事実として証明する必要があるでしょう。

勿論『御義口伝』の日興筆録を証明する事も不可欠です。

要するに従来から大石寺のみが日蓮・日興の「正嫡」であるという主張を裏つける関係文書の日蓮・日興の真撰であることを万人が納得する形で証明する必要があります。

次に富士門流に於ける過去からの血脈論争に終止符を打つ必要があります。
すなわち日目遷化の後の日道と日郷の間に勃発した跡目争いに端を発する大石寺VS小泉久遠寺・保田妙本寺の血脈論争の真相を解明する必要があります。

既に『日興跡条条事』の「四字」削除・「九字」後加の事実が指摘され「譲状」であるにもかかわらず「年次」が書かれていない正本が大石寺に現存する以上、その文書そのものの真贋を究明する必要もあるでしょう。

また、本状に記されている「日興が身に宛て給わる所の弘安二年の大御本尊」が果たして大石寺が主張するように「本門戒壇板本尊」を指しているのか、それとも弘安二年に身延に於いて日蓮から日興に相伝された事実が明らかな「万年救護の大御本尊」を指しているのかも明確にしなければならないでしょう。

此れだけの事が万人に納得できるような形で証明されて始めて日蓮門下の中で日興のみが「正嫡」であり、日興門下の中で大石寺歴代のみが「正嫡」であると証明される第一段階がクリアした事になります。

次に日蓮正宗は「本門戒壇板本尊」を「正本尊」として「曼荼羅正意」を主張していますが、大石寺17代日精は『随宜論』を著して「釈迦佛像の造立」を勧めていますから、果たして大石寺歴代に日興以来の「法水」なるものが連綿として受け継がれて来たのかどうかについても歴史的に検証して内外の疑問に応える必要があるでしょう。

勿論、58代土屋日柱から59代堀日亨への「半相承」の疑惑や、最近、正信会や創価学会によって主張されている66代細井日達から67代阿部日顕への「相承疑惑」についても払拭する必要があるでしょう。

また、それらの事が証明された上に、その「血脈相承」の内容を公開する必要も有るでしょうが、「唯授一人」の相伝である以上は、それは不可能と思われます。

「日蓮本物論」や「大石寺歴代正嫡論」は、その根拠となる関係文書が全て真撰であることを、この宗派が崇めている「本門戒壇板本尊」の日蓮真作なることも含めて完全に証明できれば、ギネスに登録申請するだけの価値はあるかも知れませんね。

しかし日蓮正宗側がそんな事を考えないでしょうから、大きなお世話と言われるかも知れませんが。

【dwqvcfさんへ】

「個人的見解」と言うのは掲示板に於ける法華講員の発言ですよ。

堀日亨が『日蓮宗宗学全書』に述べている内容は対外的には「個人的見解」とは見做されていません。

貴殿曰く「それも後の日淳によって、その日亨の「一個人の見解」は徹回♪」

貴殿らが「一個人の見解」だと主張なさる分には勝手だが、対外的にはそうは見做されていない。

堀米日淳が日亨の見解を徹回したことも「個人的見解」とするのは自家撞着の屁理屈だよ。

貴殿曰く「お前は同じ科学的証明がなされていない日亨の「個人的見解」を何しろ絶対だという♪」

「個人的見解」か否(公式の見解)かの区別に「科学的証明がなされていない」か否(いる)かは無関係でしょう。

貴殿の言い分は日亨の見解も、それを徹回した日淳の見解も同じ「個人的見解」なのに日亨の見解のみを取り上げるのは如何か、というものだと理解するが、そもそも「個人的見解」だとは私は認めていないのですよ。

内輪(宗内)で堀日亨が、そのような事を発言していたのなら「個人的見解」で済まされるだろうが、日蓮門下の数多の宗派が編纂に携わった『日蓮宗宗学全書』に収録されている管長の言葉は「個人的見解」だとは見做されません。

貴殿が「個人的見解」云々と言っているのは「お前の理屈」ではなく貴殿が唱えている屁理屈に過ぎないのです。

『日蓮宗宗学全書』に記載されている堀日亨の見解も、それを徹回した堀米日淳の見解もともに「個人的見解」では済まされない内容です。

貴殿が日亨や日淳の発言を「個人的見解」とする根拠を示してもらいたいですね。

他人の回答にイチャモンをつけてストーカー紛いの事をするのは好ましくありませんよ。

貴殿の行いは常軌を逸しています。だから削除されるのでしょう。

逆恨みはいけませんね。

異常だ。以後は完全に無視する。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bwp********さん

編集あり2010/4/2919:31:23

===
異常だ。以後は完全に無視する。
===


ハイ!反論不能!(^^)



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「個人的見解」と言うのは掲示板に於ける法華講員の発言ですよ。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

だから?
俺もそのように思ってるよ♪



==================================
堀日亨が『日蓮宗宗学全書』に述べている内容は対外的には「個人的見解」とは見做されていません。
貴殿曰く「それも後の日淳によって、その日亨の「一個人の見解」は徹回♪」
貴殿らが「一個人の見解」だと主張なさる分には勝手だが、対外的にはそうは見做されていない。
堀米日淳が日亨の見解を徹回したことも「個人的見解」とするのは自家撞着の屁理屈だよ。
==================================

どこが自家撞着なんだ?(^0^)
『対外的』であろうがなかろうが、日亨・日淳とも
『個人的見解』は『個人的見解』♪
『対外的』なんてのは関係ねえ♪

全く、科学的に証明されたものではないんだよん♪

それとも両方とも科学的根拠に基づいて証明されてるものなのかよ?
ん~~~? どうなの?

先ずはこれを明確に答えてみろよ(^爆^)


そしてだ、上記で答えたものを踏まえて、
なぜ、お前は日淳ではなく、日亨の見解を用いるのか、
それを明確に説明してみろよ。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
貴殿曰く「お前は同じ科学的証明がなされていない日亨の「個人的見解」を何しろ絶対だという♪」

「個人的見解」か否(公式の見解)かの区別に「科学的証明がなされていない」か否(いる)かは無関係でしょう。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

そういう欺瞞が通用すると思ってんの?マジ(^з^)ププーッ。

事は『日興跡条条事』が改竄されたものか否かをお前が発言主として
証明せねばならない、ということだ。

当然、『個人的見解』なんつー曖昧で根拠薄弱なものは用いるのは
常識的に言って有り得ないことだ(^o^)

当然、『いつ』『誰』の手によってなされたものなのか?
或いは、執筆者本人が訂正させたものなのか否か。
また、それこそ後人が勝手に改竄したものなのか否か。

それを『個人の主観』のみで決め付けたものは信用ならない。
であるから、日蓮系他門では、正宗に伝わる相伝書を
全て偽書だとしているのだろうが(爆笑)

お前の「対外的」云々は全く通用しないんだわ(^嘲^)

ヘタな言い逃れはもう結構♪



======================================
内輪(宗内)で堀日亨が、そのような事を発言していたのなら「個人的見解」で済まされるだろうが、日蓮門下の数多の宗派が編纂に携わった『日蓮宗宗学全書』に収録されている管長の言葉は「個人的見解」だとは見做されません。
======================================

はいはい、日淳も「対外的」に発言してるんだわ♪(笑)
何も内輪だけで収めてる発言ではな~~~い♪

では訊くが、お前は
「日蓮門下の数多の宗派が編纂に携わった『日蓮宗宗学全書』に収録されている管長の言葉」と言ってるが、
『日蓮宗宗学全書』全18巻の発刊は1925年(大正14年)だが、
当の日亨が管長として就任したのは翌年の1926年3月1日♪

さて、どこが『管長の言葉』なんだ? ん~~~?
『日蓮宗宗学全書』発刊当時は『管長』ではな~~~~~い♪(爆笑)
お前はそんなことも知らんかったのか?(^з^)ププーッ

つまりだ、日亨はまさに『個人の主観として個人的見解』を
日宗全に掲載したにすぎないが、
まだ日宗全に掲載されてる日亨の見解を
『管長の言葉』だと言い募るかぃ?(^▽^)ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ

さて、泣きじゃくりながら負け犬の遠吠えをしてみ♪(^0^)/~~~~~~~~



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
私は『日蓮宗宗学全書』に記載されている堀日亨の見解も、それを徹回した堀米日淳の見解もともに「個人的見解」では済まされない内容です。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

これこそ自家撞着の何ものでもないわ♪(^爆^)
であれば、なんで後から訂正した日淳ではなく、
訂正された側の日亨の見解を用いるんだ?

所詮、お前は自分の都合で日亨の見解を用いてるにすぎねえじゃん(^o^)


この本文も転載済み♪

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

dwp********さん

2010/4/2916:13:15

rsd37264自身に日蓮系以外の他宗派であることを
証明せねばなりませんでしょうな♪(笑)



どうしてrsd37264は『他宗派』であるにも拘わらず、
『他宗派』として属するところの教義に則った主義主張が全くないのか?
これを弁明しなければ、『【創価学会員】である』という疑惑払拭は
できないでしょうな♪(笑)



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=a...

投稿者 :rsd37264

昔、日蓮正宗妙光寺妙信講(現在の冨士大石寺顕正会)の被害にあった友人が鬱を患った挙句に自殺したのだよ。
その事を思い出してしまった。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

と公言した事について↓

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=a...

投稿者 :dwqycf

ではお前が言うその友人の自殺話は『いつ(年月日・日時)』の事で、
その被害にあった友人とやらとお前が確かに友人という、
確たる根拠(物的証拠)を提示して証明してみろよ(笑)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

と要求したことについても全くダンマリを決め込んで逃げ回る有り様♪
どう言い訳してくれる? ん~~~?♪(爆)

それともお前、これは口からデマカセか?どうなの?
お前は自分の発言の証明もしないくせに他人に対しては、
イッチョ前に証明要求するが、人様に偉そうに証明要求する前に、
まずは、お前自ら、自分の発言に対して万人が納得する根拠を示して、
自分の発言を証明したらどうなんだ?コラ(^嘲^)




それとコレもな♪↓

*************************************
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1835217&tid=ao2a3x2q...

================================================
もし、そうなら日本の他の宗派の僧侶の方々も全て「花和尚」と名指しで批判を受けるだろうよ。
日蓮正宗は蚊帳の外だから、貴殿は知らんだろうが、台湾と日本の仏教会の交流は盛んだよ。
先年、日蓮宗の僧侶の方と同行させて貰ったが、その方が妻帯している事を相手側も御存知だったが、批判の言葉は一言も聞かなかったよ。
================================================

お前は『いつ』『なんていう名前の日蓮宗坊主』と「同行した」んだ?
で、それは『台湾まで同行』したのかよ?
それとも日本国内で台湾僧と会っただけかよ?

どちらにしても、それ証明してくれよ、
お前の言うことは1から10まで信用できねえんでな(^嘲^)

どうせ、これもコイツ逃げるは必定♪
*************************************


この本文も転載しておくよ(^▽^)

dwq********さん

編集あり2010/4/2915:23:45

その前によ、お前がyahoo掲示板で断言した事についての俺の要求↓


http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&tid=a...
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
平たく言えば、後世の「四字」削除・「九字」加筆の痕跡が確認される本状は瑕疵証文であり、現在なら無効文書だよ。
「十一月十日」と月日のみの記載で、年次を書いているのは大目に見ても、改竄の痕跡があれば、本状の値打ちは台無しよ。
(遺言状に年次を欠けば無効だよ)

よく考えて御覧なさい。

例をあげれば、莫大な財産相続に関する遺言状の記述に、認めた本人以外の何某かの人物が「四字」も勝手に文字を抹消し、「九字」も文字を加筆していたならば、改竄文書と見做されて遺言書としての効力を失います。

誰がそんな馬鹿な事をしたんですかね。
この文書は大石寺の秘蔵だから、昔の誰かがしたんでしょうね。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


で、お前はいつまで経っても、それが

『後人の手によるものなのか』
『本人の手によるものなのか』

これについては全く科学的証明に裏づけされた
確たる根拠を提示しての証明が全くできていないくせに、
勝手に『後人』だと思っている♪

しかもその根拠がこれまた科学的証明が何一つされてない『一個人の見解』♪

それも後の日淳によって、その日亨の『一個人の見解』は撤回♪

両者とも、正宗のトップだった人間♪

なんの科学的証明がなされていない日亨の『個人的見解』を殊更用いるなら、
当然後から、日亨の『個人的見解』を撤回した日淳の『個人的見解』を用いなければならないのが、お前のこれまでの理屈♪



にも拘わらず、お前は同じ、科学的証明がなされていない日亨の『個人的見解』が何しろ『絶対だ』という♪




バカかコイツは。

お前のその理屈の矛盾を言い訳してくれよん、マジ♪



お前がyahooに泣き付いて削除させる前に既に転載済み♪↓


http://post.messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835217&...

gxo********さん

2010/4/2914:15:51

>日蓮正宗、宗祖は釈迦に代わって仏になった、現代の仏様ということですが
>お釈迦様が、日蓮、後はお前に任せたよといったわけです。


少々違う。
それは法華経神力品でのことで、
教相では『日蓮大聖人』ではなく前身の『上行等の四菩薩』である



>しかし血脈附法の日蓮正宗でもそれは、無理、ですが、
>日蓮の相承は経巻相承と言うのだそうすね。


それも違う
当宗に於いては日蓮大聖人より以来、御歴代上人、
御当代日如上人に至るまで、
『能生の法体【一大事の秘法・事の一念三千】の当体・本尊の【体】』を
唯授一人血脈相承付属を以って代々行い、続いているのである

その「経巻相承」云々の根拠を示して頂きたい


>日蓮仏法は開山上人日興上人に受け継がれ、以後、器から器へ水が移されるように、一滴もこぼれることなく受け継がれてきたという、奇跡、が続いてきたわけですが、もしこれをギネスに登録してみようとしたら、仏であることの証明、代々途切れることがなっかたという証明は、どうしたらいいのでしょうか。


まず、

●善導和尚は「万年に三宝滅し此の経のみ住すること百年なり」と宣べ、
慈恩大師は「末法万年に余経悉く滅し弥陀の一教利物偏に増す」と定め、日本国の叡山の先徳慧心僧都は一代聖教の要文を集め末代の指南を教ふる
往生要集の序に云はく「夫往生極楽の教行は濁世末代の目足なり。

●如来は未来を鑑みさせ給ひて、
我が滅後正法一千年像法一千年末法一万年が間、
我が法門を弘通すべき人々並びに経々を一々にきりあてられて候。

と証文を引いて日蓮大聖人は『末法万年』と仰せである。

この時代区分について日蓮大聖人は天台の釈を引かれて

●然るを天台大師会して云はく
「本已に善有り、釈迦は小を以て之を将護し、
本未だ善有らず、不軽は大を以て之を強毒す」文。
文の意は本善根ありて今生の内に得解すべき者の為には
直に法華経を説くべし。
然るに其の中に猶聞いて謗ずべき機あらば
暫く権経をもてこしらへて後に法華経を説くべし。
本大の善根もなく、今も法華経を信ずべからず、
なにとなくとも悪道に堕ちぬべき故に、
但押して法華経を説いて之を謗ぜしめて逆縁ともなせと会する文なり。
此の釈の如きは、末代には善無き者は多く善有る者は少なし。
故に悪道に堕せん事疑ひ無し。

と仰せられ、更に

●経の第七巻薬王品に云はく
「後の五百歳の中に、閻浮提に広宣流布して、断絶せしむること無けん」
等云云。
謹んで経文を拝見し奉るに仏の滅後正像二千年過ぎて、
第五の五百歳・闘諍堅固・白法隠没の時云云。

と仰せのように、釈尊在世、滅後正法時代・像法時代は、
その時代時代に出生してくる衆生の機根と久遠に於いて
下種されているか否かで決まっているのである。

要するに釈尊在世、滅後正法時代・像法時代に出生してくる衆生は、
久遠に於いて釈迦如来より下種を受けた『本已有善の衆生』であり、
仏種である下種を受けた後、歴劫修行によって善根(徳)を積んだ者を言い
特に下種を受けなくても過去世に於いて徳を積んで出生してきてる関係上
その下種や歴劫修行をしてきた事を出生してくる時には忘れている事を
思い出させるヒントさせ説いて修行させればいいだけなのが
『本已有善の衆生』なのである。

故に『本已有善の衆生』は、あらかた、
この釈尊在世、滅後正法時代・像法時代に出生し解脱して成仏を遂げたが
末法時代というのは『本未有善の衆生』
つまり、久遠に於いて下種も受けてなければ、
当然、歴劫修行による徳も積んでない荒凡夫であるため、
釈尊が説いた教経の文上表現だけで解脱をした
釈尊在世・正像時代に出生してきた『本已有善の衆生』と違って、
『本未有善の衆生』は釈尊の説いてきた説法では成仏はおろか、
闘諍言訟の時代に突入して
『白法(釈尊の教経)隠没(あたかも、効力を失ったように見える状態)』
となり、それゆえに久遠で如来がしてきたように末法に出生してくる
『本未有善の衆生』には下種をすることから始めなければならないのである。

しかし、いくら釈尊が釈迦如来の垂迹仏と雖も、
所詮、衆生を教化・下種するのは、
内証には無始無終の『一大事の秘法』を顕現し、
外見(外用)は凡夫と同じように一念三千の法理に従って、
仮に因縁和合して得た『生身の体』の姿をした如来(仏)がするのであり、
その如来としての存在はあくまで生身の体の為『有始有終』である。

故に、『本未有善の衆生』しか居なかった久遠時代と同様に、
やはり『本未有善の衆生』しか出生してこない久遠即末法時代には、
能生の法体『【一大事の秘法・事の一念三千】の当体・本尊の【体】』を
内証に於いて顕現されて『人本尊』と成られる新たな仏の出現があり、
先に述べたように、末法は万年であるため、末法に出現し、
釈尊が法華経寿量品の文底に秘沈した『下種独一文底の法』
所謂、『一大事の秘法』の南無妙法蓮華経の法体を以って
下種される末法の御本仏がお出ましになるのは当然のことなのである。


下記に続く↓

gxo********さん

編集あり2010/4/2914:25:12

↑上記からの続きである↓


したがって、末法の衆生救済の為に御出現あそばされた日蓮大聖人が、
末法に於いては、後にも先にも『御本仏』と称されるのは、
仏宝の大聖人御1人であり、後に続く日蓮大聖人の代々の弟子方は
この
能生の法体『【一大事の秘法・事の一念三千】の当体・本尊の【体】』
を日蓮大聖人から託され、大聖人の御名代をなさる方々であり、
大聖人と同じ『仏(如来)』でもなければ、三宝に於ける『仏宝』でもなく
伝持・弘宣していく御立場の『僧宝』である。

如来(仏)の所以たる『能生の法体』は確かに僧宝にも存してはいるが、
あくまで『所持』であって、日蓮大聖人のように、
内証に於いて顕現されはいない故に日蓮大聖人と当宗代々とでは、
当然差異もあれば、外用としても差異があるのである。

よって、貴殿が言う「仏の証明」など必要もなく、
「代々途切れることがなっかたという証明」とやらは、
当宗が続いてることで当宗の存在自体が証明である。

もし、代々に於いて途切れている、というのであれば、
具体的根拠に基づいてその証明する義務はそちらサイドにある。

ましてや、相承自体はそもそも口伝にて行うものであり、
相承されたことを記す書面としては残っていない方々もおられる。
当宗相続は、途切れているか否かは、これまでの現証を以って信じるものである。

また、それを客観的に証明できるもの1つとして、
総本山大石寺の堂宇の六壷には、
日興上人の時代から続く代々最古の過去帳があり、
これを代々が先に御遷化なされた先代の記帳をしてるものが
現在も存在している。

尤も、ギネスになんぞ登録する予定も一切なのであるから、
そんな証明は必要ない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる