ここから本文です

演歌の時代はもう終わりましたか?

tos********さん

2010/5/419:38:02

演歌の時代はもう終わりましたか?

理由は何でしょうか?

閲覧数:
156
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yms********さん

2010/5/420:36:18

新しい作曲家が育ってない。出て来ても潰そうとする力が働くし、今だに大昔の作曲家達が幅をきかせている。
しかもほとんどが編曲もできない、ヘナチョコ作曲家ばかりだから楽曲のクオリティが低すぎる。
ほぼ死んでるジャンルですね。

質問した人からのコメント

2010/5/11 20:01:10

成功 そうですね。確かに死んでるジャンルだ。

ところで、パクリんもヘナチョコ作曲家の仲間です。

奴らを有名にさせてやったのに、感謝すらされていないのです。
http://search.chiebukuro.yahoo.co.jp/search/search.php?flg=3&p=artc...
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=artcreativeman+%E3...

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tao********さん

2010/5/800:45:10

日本人は日本の伝統文化、情緒文化に誇りを持ちましょう。情緒文化は神に近い精神性が高い文化です。西洋の論理思考文化は心にストレスを発生させる不調和文化です。だから日本人は演歌の情緒に目覚めましょう。論理思考の脳の時代は終わりました。2012年から情緒思考の心時代が始まります。

aig********さん

2010/5/600:38:49

終わってないと思いますよ。これからも終わらないと思います。昔は演歌なんて退屈な音楽聞いてられるか!と思っていました。

しかし、最近ではTVで流れていても自然に受け入れられるようになってきました。(作曲をはじめた影響もあるかもしれませんが…)

このまま年を取れば好んで聞くようになるかもしれません…

s03********さん

2010/5/520:48:25

まだ終わってはいません。むしろ存在感が増していると言った方が正しいぐらいかもしれません。オリコンのランキングでも演歌系の曲が90年代と比べて比較的多くランクインするようになりました。ただこれはCD全体の売上が落ちている中で演歌はあまり減少していないという相対的なぶぶんもあるのですけどね。

一番の問題は作家の先生方が次々にお亡くなりになっている事です。ここ数年で川内康範、遠藤実、阿久悠、石本美由起、越純平、三木たかし、中山大三郎などなど実績あるベテランが姿を消していますし、星野哲郎や船村徹などもかなりの高齢です。その一方新手の作曲家がなかなか現れず先細りしていくという懸念は残っています。
歌手の方は若手もちょくちょく登場しているようですが、曲を作る側の人間が明らかに減少していると思います。

n9_********さん

2010/5/419:54:29

演歌というのは音楽的にはとても優秀で素晴らしいのですが、最近は社会的に演歌をあまり聴かなくなってしまった時代になった。というのが1番の原因だと思います。

2010/5/419:43:46

また君に恋してる
坂本冬美がまだまだ健在じゃ!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる