ここから本文です

家電量販店のエアコンは性能悪いですか?

nal********さん

2010/5/719:54:55

家電量販店のエアコンは性能悪いですか?

電化製品専門業者から聞いたのですが、家電量販店のエアコンと業者が取り扱うエアコンでは

・同じ型式でも中身が違う。
・家電量販店のエアコンはすぐに故障する。

本当でしょうか?

ちなみに、東芝製の7kタイプエアコンを検討してます。
業者と家電量販店の価格差は6万程度あります。

閲覧数:
13,782
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

den********さん

2010/5/1204:19:31

家電量販店モデルと正規モデルで全く同じ型番はありません。
近い型番で同じように見える商品でも同じ代物ではありません。

家電量販店モデルの為に1から機種を開発するのは
コストが莫大に掛かってしまいますので
正規モデルベースのコストダウンモデルとして量販店モデルを作っています。

ですので、同じ部品が使われている箇所もありますし
コストダウンされ内部の部品の材質を落としている箇所もあります。

家電量販店モデルでもエアコンはエアコンですので
もちろん良く冷えますし暖房も効きます。

ですがコストダウンモデルですので耐久性に問題があります。
それとメーカーは正規モデルの部品は規定年数以上は
ストックを持つ事が決められています。
私が関係者に聞いた話は、家電量販店モデルの部品ストックは
正規モデルより遥かに少ない期間に設定されているらしく
数年後エアコンが故障したときには修理出来ない可能性があるようです。
正規モデルと基本は同じ部品構成ですので正規モデルの部品を流用出来ますが
あくまでもエアコンの型番が違いますので修理不可能となるようです。

よく考えれば判りますが、低グレードの正規モデルは6畳用(2.2kw)でも
定価が20万円近くします。
それと全く同じ商品を標準工事込みで5万円ほどで売れるわけがありません。
施工下請業者に1万円で請負わせていたとしても
4万円が本体価格だとすれば定価の20%です。
それでも利益があるわけですから
メーカーも正規モデルと同じ商品を10%や15%で卸すわけがありません。
そんな率で卸すなら、定価の設定を下げていると思います。

エアコンの他に照明器具も、インバーターの精度が極端に悪かったり
同じように見えても安いのは安い理由があるのです。

量販店モデルと正規モデルの型番が若干違うのは
メーカーが正規モデルと同じ扱いに出来ない商品だからです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

han********さん

2010/5/822:53:51

同じ型式であれば、故障するもしないも同じです。
安いから壊れやすいという意味でしょうか?。
というか、電化製品専門業者というのがよくわかりません。教えてください。
町の電気屋さんですか?。量販店も専門業者だと思いますが。

ただ、機能としては、企業によってオリジナル商品というのがあるので、ついている機能ついていない機能というのはありますが、
その場合は、型式は違いますので。

故障の原因は、取り付け方であったり、能力不足のエアコンを真夏にフル稼働させることを続けたりする場合などなどに発生します。

6万円の違いは大きいです。設置について心配であれば、今の時期に購入と設置をおすすめします。
今なら設置にも慣れた人が行きますが、暑くなってエアコンが売れ出すと、慣れない人が設置に行くことになるので。

nay********さん

2010/5/807:44:23

まともに取り付けしていれば、エアコン故障しませんよ。
故障するって話も聞きませんが、売っている機種が違うのでは無く、
取り付ける業者の腕の違いでしょう。
アルバイト的な人が付けている場合もあるでしょうから。

tan********さん

2010/5/722:47:41

ルームエアコンは、家電量販店向け、一般家電店向け、設備店(電気工事店)向けの3種類存在します。

それぞれの品番構成が、違うだけで、機能はほとんど同じになっています。
但し、全てが3ルート向けに存在する訳ではありません。

また、家電量販店向けには、単独店向けの特注品も存在します。
性能、機能をお店独自の物にして、ロット単位発注、完全買取することで、価格が安くなっています。

量販店向けだから、機能が悪い、材質が悪いという事はありません。
まともなメーカーが、そんな信用を落とすようなことはしません。



最後に・・・・
最初に機能はほとんど同じ・・・・
と書きましたが、ほとんど同じで、完全に同じではないことがあります。
設備店向け品は、他ルート向けと違い、長尺配管対応になっていることがほとんどです。
消費電力、運転電流等の仕様が全く同じでも、配管長だけが違います。
それは、使用している圧縮機が違うからです。
だから、設備店向けが価格が高く設定されることが多くなります。

hik********さん

2010/5/720:34:24

いつも家電機器の修理業務をしていますが
実は中身が同じだったりします

たとえば

空調屋向けをA 個人ショップ向けをB 量販向けをC

室外ユニット ABCとも全く同じ部品使用
但しCは配管7m分しかガスが入っていない
ABCとも微妙に型番が違います

室内ユニット ABCでリモコンやフィルターが違う
A=普通のフィルター B=カテキンとかのフィルター
C=カテキン+脱臭フィルター
A=チャチリモコン B=普通のリモコン C=上位機種風
リモコン
もちろん型番違う

付属品
A=マンガン電池 B,C=アルカリ電池

てな具合で要所は相違が無いと思っていただいて
差し支えありません
(量販仕様の機器と一般仕様の機器の補修基板が
同じ事があります)

なお同じ形式でも中身は違うなんてことはあり得ません
そんな事したら修理するサービスマンが混乱しますね
中身が同じで型番が違うというのが正しいです

*何故か*
家電量販店は他店価格対抗なんてことやっていますが
絶対対抗なんて出来ません 量販店ごとに専用品番
商品になってますからね
型番が違うのでこれとは別の商品ですからこの価格での
販売になりますという逃げ道を作るためです

K.I.さん

2010/5/720:29:37

同じ型式でも中身が違うと言うのはにわかには信じられません。どこがどう違うのか説明してもらいたいものです。東芝の7kWタイプならば設置作業を手抜きしなければ性能は非常に良いと思います。6万円の価格差をどう見るかは難しい問題ですね。私ならば、設置業者が絶対に据え付け工事(特に真空引き)を手抜きしないと信用できれば6万円の価格差があっても業者から買うかもしれませんが・・・。その業者は、何か他にもっとPRできる点はないのでしょうかね。量販店のエアコンが据え付け後にうまく作動しないケースが結構多いことも事実ですけどね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる