ここから本文です

岡村寧次大将の文書を南京事件肯定派の人が引用しますが、岡村寧次大将と回想録等...

白薔薇のプリンスさん

2010/5/1016:36:34

岡村寧次大将の文書を南京事件肯定派の人が引用しますが、岡村寧次大将と回想録等についてどう考えるべきですか?

補足「憲兵報告の一節。蚌埠在住の中国人に嫁した日本中年女性は言う。中国兵は、掠奪するが強姦はし
ない。日本兵は、掠奪しないが強姦をする。可否何れにかあらん。(中略)刑罰種目中最も多いのは上官暴行と強姦である。(中略)
四) 来陣した中村軍務局長の言によれば、戦地から惨虐行為の写真を家郷に送付する者少からず、
郵便法違反として没収したもの既に数百枚に達しているという。
好奇心も甚しいというべし。 」

閲覧数:
987
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tho********さん

編集あり2010/5/1218:39:33

読んだことがありますが、確かにあの当時のその地位にいる人ならそういう考えを持つだろうな、という感じですね。
歴史資料としては重要だと思えますが、司令官だからと言って何もかも把握できるモノではないのだなとよく分かります。

たとえば彼は蒋介石に対してとても感謝しているんですね。
誉めまくって聖人みたいに考えていることがよく分かります。
だがそれ故にというか、戦後の中国が蒋政権の無能のせいで混乱し崩壊に至ったというプロセスがどうも分かっていない。
白色テロとまで言われ台湾人を恐怖で支配した二・二八事件の事が、まるで台湾人の方が悪く小規模なデモを鎮圧しただけという理解になっているのです。

読んでて思えるのは、結構誠実な人なんだろうな、という感覚ですね。
誰かを貶めたり敵を非難したりという文章が殆どありません。
ただ自分にも甘いというところがあるようです。
自分のやったことで失敗だったと反省しているところも全くない、大半が自画自賛です。
他人甘く自分にも甘い、そういう人間性なんでしょう。

南京事件肯定派の人が引用しているというのはどの辺なんでしょうね?
あれを読む限り、南京で何らかの混乱があったことはよく分かるんですが、虐殺に類することがあったとは全く読めません。
どうも彼は大略は教わっているようですが詳細は殆ど分かっていないようです、つまりその程度の事件だとしか理解していない。
否定派に利するところはあっても肯定派にはあまり参考になる文章はなかったと思います、よほど曲解すれば別でしょうが。

【補足について】
さて、確かにそういう文章は有ったような気がします。
でもこれは、南京虐殺を証明する文章と言えますか?

この文章で分かるのは、当時の軍隊の規律が非常に乱れていた、正確には岡村司令官はそういう印象を持っていた、という事が分かるだけなのです。
更に読んでいきますと、彼が司令官就任後このての不祥事は激減しほとんど無くなったという内容になっています。
しかも彼の文章を読んでいきますと、731部隊や三光作戦についても証言しており明快に否定しています。

つまり南京虐殺を岡村大将の証言で肯定できるという人は、当然731部隊や三光作戦については否定しなければならない。
従軍慰安婦についても、性奴隷ではなくむしろ民間人を守るために行った英断だったと認めなければなりません。
そうしなければ、彼等は岡村大将の証言を都合の良い部分だけ真実だと見なし都合が悪いところではウソだと決めつけていることになりますね。

文章全体を読んだ印象で言いますと、この人は具体的に調べていたわけではないようだという感じがします。
これらの文章があった部分がどういう意味合いで語られていたのか、読むとちょっとうんざりしてきます。

「私が就任する前は日本軍は非常に規律が乱れていた。昔日の皇軍とは思えないほどだ。きっと徴兵によって訓練不足の民間人が増え職業軍人が減ってしまったからだろう。私は就任直後から綱紀を粛正し規律の維持に勤めた。その結果日本軍は昔の皇軍のように素晴らしい軍隊に戻った。ああ、私ってなんて優秀な司令官なんだろう。私あってこその日本軍なんだよなぁ。」

要するに大略するとそういう文章なんですね。
上記に書いた自画自賛とは、つまりはこういう事なんです。

まあ彼がウソを書いたとは言いません。
ウソと分かってることを堂々と書くタイプじゃないと思います。
ただ、おだてに弱いタイプだという印象はありありとします。
おべっかで誉められたら、ナンの疑問も持たずそのまま信じ込んでしまう人間ですね。

太鼓持ちが上司を褒めるときそういう言い方をするか?
それは貴方は前任者より優秀だと褒めるんです。
「前任者はくだらないヤツで仕事が滞って困ったモノだったが貴方が上司になってから仕事がスムーズに行くようになった。」
「貴方は実に素晴らしい、尊敬に値する、一生ついていかせてください。」

普通、就任直後から状況が良くなるなんて事はないのです。
今の民主党についてもそうなんですがなれるまでどうしても時間がかかる。
現状を見る限り褒められる余地なんてあり得ません。

だがそれを無理して褒めようとする場合どうするか?
就任前の把握できない情報をとにかく貶めるんです。
今の現状にゲタを履かせられないなら、過去をとにかく掘り下げて差がついてるように見せる。
上司がそれを把握しようとしても、その情報を握ってるのは部下なんですからいかようにもごまかせるのです。

私の感じるところ、どうもそういう文章に読めるんですよね。
おべっかというかゴマスリのニオイがプンプンする。
どうも全体的にみて話半分に抑えるべきだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nas********さん

編集あり2010/5/1223:39:07

それ・・・岡村寧次大将が自分の目でみたり、体験者から直接聞いた話ではないですよ。
ただの伝聞情報です。資料として伝聞情報ほど信頼性が低いものはないよ。特に中国大陸は正しい情報が伝わりにくい風土。中国に行った兵士の手記にもよく書かれていることですが、中国という国では飛び交う情報がどれが正しいものなのかなかわからないそうです。中にはデマ情報や捏造情報、情報が伝播する中で、誤った情報なってしまい正しく情報が伝わらないのは中国の風土的な特質です。

もしそれが本当なら、日本軍が降伏した後に中国軍が在中日本人女性(慰安婦も含む)を拉致して中国軍慰安婦になんかしてないですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる