ここから本文です

『試合では、まず自分(気持ち)に負けたら負け。自分に勝つことが結果に繋がる!...

ast********さん

2010/5/1020:16:33

『試合では、まず自分(気持ち)に負けたら負け。自分に勝つことが結果に繋がる!』
これが我が家の息子が試合に挑むときの信念だそうです。 良い意味で常に自分が1番だと自分に言い聞かせ
試合に挑んでいます。

息子は柔道を習っており、今年 初段(黒帯)になるのですが、
↑の意味をもつ四字熟語を贈りたいと思い、いろいろ調べてみましたが見つかりません。(ToT)
どなたかご存知の方おられましたら教えて頂けないでしょうか?
無知な親で、お恥ずかしい質問ですが、宜しくお願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,494
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e72********さん

2010/5/1109:25:29

まず、”自分に打ち勝つこと”では、「克己(こっき)」という有名な言葉があります。
これは、心の中に起こる衝動・欲望を意志の力によっておさえつけることです。

「克己心(こっきしん)」
これは、克己を含む三文字熟語ですが、、「己に勝(克)つ心」「自分の欲望を抑える心」となり、この言葉を黒帯に刺繍している柔道家も多く存在します。

「克己復礼(こっきふくれい)」
己に勝(克)ち、礼を復(踏)む”。自分の欲望をおさえて、礼儀にかなった行動を行うという意味で、これは、試合だけに適用するものではなく、社会人としてのルールを守るためにも重要な言葉です。

質問した人からのコメント

2010/5/12 21:34:08

感謝 有難うございました。
とても良い言葉を教えて頂き感謝です。 息子に贈りたいと思います(^^v

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vlo********さん

2010/5/1020:27:25

○堪忍五両(かんにんごりょう)
忍耐をすればきっとよいことがある。じっと我慢をすれば大きな利益があるというたとえ。

○七転八起(七転び八起き)
七度転んで八度起き上がる意から、何度失敗しても屈しないで頑張ること。また、絶望することなく努力を重ねていれば、いつかは必ず成功し報われるものだという励ましの意味でも使われる。

○臥薪嘗胆:目的を遂げるために苦心し、努力を重ねること。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる