ここから本文です

甘デジの機種は確変中の大当たり確率を水増しした機種が多くみられますが何故確率...

msx********さん

2010/5/2322:41:57

甘デジの機種は確変中の大当たり確率を水増しした機種が多くみられますが何故確率を悪くするのでしょう、甘デジ自体一回の大当たりで得られる出球が少ないうえに次回大当たり確率を行為的に悪くする訳は何故、

確変中は十分の一まで確率を上げてよい事になってますが普通9.9になる筈が19.2や16.2などの機種もあります、これでサブデジの釘を閉められたら出玉なんて殆ど期待できません、メーカーは何を考えて台を作っているのか不思議に思えます。

補足やはり客が有利になる台は作りたくないのですかね?

閲覧数:
204
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

2010/5/2322:46:04

潜伏の期待を持たせるためだと思います。なんとかモードとか言ってよく潜伏しているように見せる台は、確変の当たり確率が10分の1程度だとすぐに確変じゃないとバレてしまうから確率を悪くして期待を引っ張らせているのでしょう。

質問した人からのコメント

2010/5/24 21:00:26

成功 甘デシに2R確変や潜伏確変などの機能など必要ないと思うのですが?

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/5/2403:10:18

その分確変割合や通常時の率を抑えられるという発想には至りませんでしたか、、、

rc6********さん

2010/5/2323:24:38

機械造りの中には、いろいろとトレードオフしないとならない項目があるんです。
確変中確率を10倍(1/10じゃないですょ)に制限しているのは、出玉性能が良くなりすぎる=射幸性が強くなりすぎる事への制限です。単純に10倍にできるからするというレベルではなく、通常時(低確率)時の出玉性能とのトレードオフなのです。10倍でに出来るということは、低確率時の出玉性能が「悪い」からです。10倍にしない(出来ない)のは、低確率時の出玉性能が良いからということにもなります。

>これでサブデジの釘を閉められたら出玉なんて殆ど期待できません

メーカーは、サブデジタルを絞めることを推奨してはいません。ホール側が「ここで抜ける」と勝手な判断でやってるのです。最近だとベノムの逆襲が良い例です。抜きどころは他にいくらもある(メーカがきちんと構成している)のに、あえて右スルーを絞め、結果客飛びして収拾がつかなくなりました。6割換金率であれば、へそ20/右スルー18(250発あたりデジタル回転数ね)でも問題なく利益出せたハズなんですけどねぇ・・・
客側でできる抵抗は、サブデジ用スルーを絞めるようなホールには行かないことです。

>やはり客が有利になる台は作りたくないのですかね?

その程度の「客が不利」って、ホール側にたいしたメリットがないと思いますけど・・・
考えすぎでしょぉ・・・

潜伏するタイプで、1/20とかになってるのは、純粋にゲーム性だと思います。全部がジャグラーみたいな完全告知のAタイプになるのなら、σ(-.-)はパチやめます。面白くないもの。多数ある機種の中に存在するからこそのジャグラーでしょ。
全台白海スペックなら、新機種なんていらなくなりませんか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる